アンミカは貧乏時代に誇りを持っている!?旦那や元カレが色々と凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

韓国出身のパリコレにも出たことの有るモデル、アンミカ
今でこそセレブ婚を旦那としていますが
幼いころは貧乏であったことを明かしています。

そして旦那や元カレの経歴がなかなかに凄い。
今回はアンミカの貧乏時代についてと
旦那、そしてスパイであったという
元カレについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■アンミカについて

名前:アンミカ(AHN MIKA)
別名義:安美佳
生年月日:1972年3月25日
出身:韓国・済州島

アンミカは貧乏な生まれであることを公言しています。
どれくらい貧乏かというと
アンミカの家庭は子沢山であり5人兄弟の次女だったのですが

住んでいたのは家族7人で四畳半の部屋。
しかもその部屋にしても他人の家の
二階部分を間借りしていたものだったという。

大阪の長屋遅滞に住んでいて
18歳まではお風呂のある家に住んだこともなかったという。

小さい頃は深夜3時にリュックを背負い、
近所の青果市場に向かって
少し色が悪くなって捨ててあった果物を拾っていたという。

小さい頃には病院にかかったこともなく
どうしても具合が悪い時には
アンミカの母親が病院の先生を外に呼び出して
個人的にアドバイスをもらうという形をとっていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■アンミカの元カレはスパイだった

実はアンミカは7ヶ国語を話すことの出来る
自称貿易業の韓国人と付き合ってたことがあります。

この元カレは今考えるとスパイだったのでは、と
アンミカは振り返っています。

その理由としては以下の通り。

■身分証で会計したら聞いていた名前と違う。
■ホテルの非常階段に近い部屋を取る。
■今まではカタコトの日本語だったのに
別れ際に流暢な日本語で怒鳴られた。
■相手の家族だと紹介された人は劇団員だったと後日判明

また、別れる直前には聖地ツアーに誘われており
日本のスパイ専門紙の人にその行為の意味を聞いた所

それに付いていったら行方不明に
されているかもしれない、と言われたという。

■アンミカの旦那について

アンミカの旦那は、アメリカ国籍の
エンパイア エンターテイメント ジャパン経営者の
セオドール・ミラー。

番組の慰労会で出会い、
ゴルフをする女性がアンミカだけであったために
仲良くなり2010年末に交際に発展。
2012年7月に結婚をしています。

アンミカの旦那、セオドールミラーは
堀江貴文が買収する前のライブドアの
代表取締役にもなっており

デザイナーズ家具、イロコデザインジャパンの
代表取締役社長にもなっていたりと敏腕です。

■おわりに

アンミカは小さいことに階段から落ち
口元に大きな怪我をして
口腔外科のリハビリを長い間受けていたという。

小さい頃はそれがコンプレックスだったものの
母が表情をきれいに見せるようにレッスンをしてくれたり
マッサージをしてくれたりし、
モデルへの道を示してくれたのも母だったという。

アンミカは小さい頃には病院に
かかったことがないと言っていましたが
病気はまだしもケガはさすがに
病院にかかったということなのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA