青木隆治が干された理由は研ナオコの逆鱗に触れてしまったから!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ものまねタレントでありシンガーソングライターの青木隆治
ものまねBIG3とも呼ばれるほどの人物ですが
テレビからは干され、しかもその理由に研ナオコが関わっているという。

今回は青木隆治が干された理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■青木隆治について

名前:青木隆治(あおき りゅうじ)
生年月日:1981年1月29日
出身:神奈川県横浜市

青木隆治はものまねタレントであるツートン青木の息子。
父親のツートン青木は離婚をしていて
長男の青木隆治と長女を引き取り一人で育てつつも

ものまねバトル大賞で優勝をして
MVPを二回受賞するほどの歌唱力を持つ人物。

そんな父親を持つ青木隆治は
ものまねに対して抵抗があったそうです。
歌唱力が幼い頃から有るものの

父親のような人物を歌手を諦めた人物だとして
ものまね自体に忌避感を抱いていました。

しかしレコード会社のオーディションには
いつまで経っても受からず
背に腹は代えられないとして以前から誘われていた
モノマネ番組に出演するようになりました。

そこでものまね界の大御所であるコロッケに出会い、
コロッケは青木隆治の自信過剰から来る言葉遣いの悪さや服装を正し
青木隆治はプロ意識を持つようになり、
ものまねへの見方も変わったという。
 

【スポンサーリンク】

 

■青木隆治が干された理由は研ナオコの怒りに…

青木隆治はコロッケに諭され
プロ意識を持つようになったものの
干されてしまいます。
その理由は研ナオコとの確執であるという。

青木隆治は研ナオコの夫が代表を努めている事務所の
ケンズファミリーに所属していて
研ナオコからは指導を受けていました。

2014年1月の「中居正広の金曜日のスマたちへ」では
青木隆治の密着取材を放送しています。

そこで青木隆治に研ナオコはマンツーマンで指導をしていましたが
1時間ほど経過した後に青木隆治は番組スタッフに
「どんだけ(撮影を)やりたいんですか?」
「どれくらい欲しいんですか?」と訪ねてしまいます。

青木隆治のこの言葉を別室で効いていた研ナオコが激怒。
番組側にも「本人に頑張りたいという思いがない」と判断され
密着取材は終了してしまったという。

■おわりに

青木隆治はプロ意識、周りへの感謝というものを
最初は持っておらずコロッケに諭されたものの
周りのスタッフへの感謝など
謙虚な心はまだ持ち合わせていなかったのかもしれません。

しかしまだ青木隆治は研ナオコの事務所に所属していますし
最近では干されたはずのテレビにもちらほらと出演しています。

研ナオコに激怒され、一時期干されたものの
完璧には見捨てずに指導をしていたということなのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA