青山ミチは現在まで生活保護を受けていた…あの人は今で発覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1960年代に「ミッチー音頭」などで
活躍をした歌手の青山ミチ

2017年1月に急性肺炎により
なくなられていたことが発覚しました。

ヒット曲を生み出したものの何度か逮捕歴が有り
表舞台から姿を消して、「あの人は今」
などで生活保護を受けて
暮らしていることが発覚していた青山ミチ。

今回はそんな青山ミチについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■青山ミチについて

名前:青山ミチ(あおやま みち)
本名:八木フサ子(やぎ ふさこ)
生年月日:1949年2月7日
出身:神奈川県横浜市

青山ミチの父親は在日米軍の
当時炊事版の軍曹であるナーシス・ケリー。

母親はミキコという日本人。
二人はミキコの母親(青山ミチにとっては祖母)が
経営するバー「エース」でミキコが店を手伝っているうちに
ケリーが好意を持つようになり同棲。

そして1949年に青山ミチは生まれます。
青山ミチの本名、フサ子は

ケリーの愛称であるフレンチ、
祖母の名前であるサキヲ、
母のミキコから一文字ずつとって名付けられました。

しかし1952年にはケリーは帰国。
青山ミチは1955年に祖母である
サキヲの五女という扱いで入籍されました。

1962年5月、中学2年生で13歳の頃に
青山ミチはコンテストに入賞。
「ひとりぼっりで想うこと」でレコードデビューをします。
 

【スポンサーリンク】

 

■青山ミチの逮捕と生活保護

青山ミチは華々しいデビューを飾ったものの
1974年3月に万引きで現行犯逮捕をされ
1978年10月に薬の所持で逮捕。
1999年4月にも再度薬の所持で逮捕をされています。

そうして芸能界にはいられなくなり
その後消息が不明だったものの

2003年に「あの人は今!?」により生活保護を受けて
現在まで娘と2人でアパートに
住んでいることが発覚しました。

■おわりに

また青山ミチを異母姉のブレンダ・ケリー・ワイスが
2009年に探していて情報提供を呼びかけてもいました。
その後の続報はありませんが
二人は会うことが出来たのでしょうか…。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA