千葉マリアは長男の逮捕がきっかけで回復施設運営。次男の父親が松方弘樹か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松方弘樹と不倫をして隠し子がいたとして騒動になった千葉マリア
実はそんな千葉マリアは長男の逮捕がきっかけで
回復施設を運営しています。

逮捕された長男は松方弘樹の子供でなく
デビュー前に結婚していた夫との子供となります。

今回は千葉マリアと松方弘樹の子供についてと
長男の逮捕がきっかけで運営することになった
更生施設について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■千葉マリアについて

名前:千葉マリア(ちば まりあ)
本名:十枝みつ(とえだ みつ)
生年月日:1949年3月31日
出身:千葉県

千葉マリアは1971年に
シングル「薔薇の涙」でデビュー。

しかし実はデビューする少し前の
千葉マリアが20歳の頃に一般男性と結婚し
21歳の頃に長男を出産。
22歳の頃には離婚しています。

1987年には松方弘樹との不倫関係と
隠し子が発覚し、ある意味注目を集めてしまいました。

2001年には第19回参議院議員通常選挙で
自由連合公認の比例区で立候補したものの落選をし

現在は女性のための依存症からの回復施設である
「S.A.R.S.千葉」を運営しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■千葉マリアが回復施設を運営する理由

きっかけは2000年。
千葉マリアの長男である晃太郎は
ニューヨークへDJ修行していましたが
薬物依存により35キロにまでやせ細っていました。

そうして長男のために手をつくし、
沖縄のDARC(薬物依存者回復施設)でようやく回復し
そこから10年間、薬物依存症の勉強をし
女性専門施設の必要性に気づきます。

長男は館山ダルクの施設長となり
千葉マリアは「S.A.R.S.千葉」を運営。
次男の真沙史がメディカルサービス法人代表と
なりサポートをしています。

■千葉マリアと松方弘樹の子供は次男の真沙史か

1987年に発覚した、千葉マリアと
松方弘樹の不倫騒動と隠し子。

松方弘樹の隠し子は次男の真沙史と言われており
松方弘樹は認知をせず
経済的援助をするということで決着が付きました。

毎月30万円ほど振り込まれていたことを
2004年の千葉マリアの著書「バカでもいいサー」の
出版記念イベントで次男の真沙史が語っています。

また、前述の通り
千葉マリアと松方弘樹の子供であるとされる
次男の十枝真沙史は「S.A.R.S.千葉」で

運営をサポートしており
入寮案内の担当となっています。

■おわりに

女性のための回復施設「S.A.R.S.千葉」は
千葉マリアが運営して
次男の真沙史がサポート。

男性のための回復施設「館山ダルク」は
長男の十枝晃太郎が運営しています。

そんな上記2つの回復施設は同じ系列のため
いわば家族経営ということになりますね。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA