笛木優子が韓国で活動をし、帰国した理由が意外すぎて凄い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本でも女優として活動し
韓国ではユミンとして活動をしている笛木優子

韓国で活発に活動をしていましたが
突然日本に帰国をしました。その理由がなんとも凄い。

今回は笛木優子が韓国で何故活動をしていたか
そして帰国したのは何故か。その理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■笛木優子について

名前:笛木優子(ふえき ゆうこ)
韓国での芸名:ユミン
生年月日:1979年6月21日
出身:東京都

笛木優子は東京パフォーマンスドールに
研修生として在籍をした後に

2000年に『天気予報の恋人』でドラマに初出演。
2001年には映画『ホタル』で映画にもデビューをし
映画『新・雪国』で主演をしています。

2001年11月には韓国に移住して芸能活動をし
テレビや映画などに出演をしています。

しかし2006年には帰国。
日本を拠点として活動をする意向を示していました。
 

【スポンサーリンク】

 

■笛木優子が韓国で活動をした理由

笛木優子が韓国に興味を持ったのは
韓国映画『八月のクリスマス』を見たため。
韓国映画やドラマにはまり、短大卒業後に韓国へ語学留学。

短期留学の予定だったものの
韓国のテレビドラマ『わが家』に
出演したことを理由として
韓国に住居を移して活発に活動をしていました。

■笛木優子が韓国から帰国した理由

笛木優子は2006年にオスカープロモーションに所属をし
日本に帰国をして日本で活動をするようになりました。

韓国ではユミンとして活動をしており実績のあった笛木優子。
その急な帰国の理由については

当初は韓国映画に出演することができたため
母国である日本で頑張ってみたい
という理由と語っていました。

しかし2016年12月13日には
韓国tvN「現場トークショー タクシー」で
突然日本に帰国した理由については
以下のように語っています。

辛い出来事があった。
マネージャーがお金にいい加減。
好きだった韓国を嫌いになるのが恐ろしかった。
月給10万円で仕事をしており
日本にお金を送ってもらえなかった。

一番大きな事務所だと聞いたものの三ヶ月でなくなり
1年間は3食ラーメンと韓国海苔巻きのキンパブばかり食べていた。

■おわりに

新人であるのならまだしも
笛木優子は映画にも出演していたのに
月給10万円というのは凄い。

最終的にはこれ以上、何故いなければならないのかと
笛木優子は思って帰国をした、というのが理由のよう。

笛木優子は事務所の金銭面がきちんとしていたら
今でもまだ韓国での仕事のほうが
比重が大きかったのかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA