藤真利子は介護で現在まで姿を消していた…旦那がいないため母親を11年間も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

藤真利子は11年間も母親を介護しており
その結果現在まで表舞台からは姿を消していました。

旦那がいないために単独で介護をしていたので
テレビに出演する余裕はあまりなかったようですね。
今回は藤真利子が現在まで母親の介護で
姿を消していたことについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■藤真利子について

名前:藤真利子(ふじ まりこ)
生年月日:1955年6月18日
出身:東京都

直木賞作家の藤原審爾を父にもつ藤真利子は
幼い頃から映画監督や女優と触れ合う機会が
他の人よりも多いために女優を目指し、
実際に女優となります。

松任谷由実とも親交があり
火曜サスペンス劇場などに多く出演をし、
「吉原炎上」などの映画にも出演をして
時代を築いた名女優。

しかし2006年前後から現在まで
藤真利子は表舞台からはあまり
姿を見せなくなってしまいました。
 

【スポンサーリンク】

 

■藤真利子が現在まで姿を消していた理由は介護

藤真利子の父は1984年になくなり
藤真利子はそれ以降母親の藤原静枝と
同居をして暮らしてきました。

しかし2005年ごろに
同居していた母親が自宅で倒れ
脳梗塞を発祥してしまいます。

右半身に麻痺が残ったために
母親をリハビリ施設に入れるものの
支出が膨らんだために在宅介護へ。

藤真利子は旦那がおらず同居をしていたため
他人の手に任せたくはなく
逆に手を借りることもできなかったということに。

母親は車椅子だったので
100万円かけて自宅をバリアフリーに。
母の介護にするため女優の仕事は控えました。

そうして藤真利子は11年間に及ぶ
母の在宅介護を続けてきましたが
藤真利子の母は2016年11月に
他機能不全によりなくなりました。

■おわりに

藤真利子は2012年1月に、45歳ごろに
突然老眼になってしまったことを告白し

身体が変化して落ち込むこともあるけれど
悩みにどうやって対処していくかが
重要だと語っています。

このときは母親の介護をしている真っ最中ですので
母親の介護でも何か思う所があったのでしょうか。

藤真利子は現在は仕事に打ち込むことで
感情を紛らわしているのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA