藤山直美が乳がん公表!舞台を中止して治療に専念を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

藤山直美が乳がんであることを公表し
治療に専念するため2017年3月、4月の
主演舞台「おもろい女」の上演を中止にすることを発表しました。

今回は藤山直美とがんについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■藤山直美について

名前:藤山直美(ふじやま なおみ)
生年月日:1958年12月28日
出身:京都府京都市

藤山直美は父・藤山寛美と同じく
役者の道を歩み、主に舞台で活躍をしてきました。

1964年1月に父親と共演する形で
藤山直美はNHKの
「お好み新喜劇・初代桂春団治」でデビューをします。

また、子役のころには新喜劇に
何度か出演もしています。

そうして1992年のNHK連続テレビ小説
「おんなは度胸」で知名度を全国区にあげ
2000年の映画「顔」で主演をし多くの映画賞を受賞。

2006年にはNHKの連続テレビ小説
「芋たこなんきん」で主演となり
紅白歌合戦の審査員を務めるなど
舞台以外でも様々な分野で活躍をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■藤山直美のがんについて

藤山直美ががんであることが発覚したのは
2017年2月18日。

発覚の経緯は、藤山直美は
10年ほど前から毎年1月に
定期的に乳がん検診を受けていたため。

2017年1月の検診で藤山直美は
乳がんの検査にひっかかり、要再検査となり
2月上旬の再検査で初期の
乳がんであると診断されました。

藤山直美は治療に専念するために
20日からの名古屋公演の舞台を中止し
主演舞台自体が中止となりました。

■藤山直美の定期検診の理由

藤山直美の父・藤山寛美は
60歳の若さで肝硬変によりなくなり
竹新喜劇の俳優・藤山扇治郎の母である

藤山直美の4歳年下の妹・酒井美千留も
2005年1月に42歳の若さでなくなっています。

なくなった理由は一説によると心不全と
されていますが公表はされていません。

身内を病気でなくしたために
藤山直美は毎年1月に乳がんの定期検査をし
舞台公演が終わった後には
三ヶ月に一度のペースで全身を検査するなど
体調には人一倍気を遣っていました。

■おわりに

藤山直美は3、4月の舞台「おもろい女」を
がんの治療に専念するために中止にしていますが

10月に高畑淳子と共演する舞台
「ええから加減」は上演予定であるということで
がんの治療をすぐに終わらせようという
意気込みが感じられます。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA