布川敏和は浮気でつちやかおりと離婚!次女は難病であったが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

布川敏和とつちやかおりが離婚をしてから約二年。
布川敏和はもともと女癖が悪く
浮気が原因で離婚か、と思われていましたが

意外にもつちやかおり側が布川敏和といるのが苦痛になり
別居状態で、その際に一般男性と浮気をしたのが原因という。

そんな布川敏和とつちやかおりには息子が一人
そして娘が二人おり、次女は難病でした。

今まで離婚をしなかったのは
難病の次女のことを思っていたからという見方もできます。

今回は布川敏和とつちやかおりの離婚と
難病であった次女についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■布川敏和とつちやかおりの離婚

布川敏和とつちやかおりは高校時代、17歳の頃から交際。
そして9年後の1991年、26歳で結婚をしています。

そして3人の子供が生まれましたが
長男は俳優の布川隼汰で
長女はモデルの布川桃花であり芸能一家です。
次女は難病であり、後述します。

そしてつちやかおりは結婚してから
子育てに専念するために芸能活動を控えていましたが
2012年に芸能活動を復帰しています。

この突然の復帰に布川敏和とつちやかおりは
離婚の準備をしているのではないか、とされています。

実は布川敏和は以前から浮気癖があり
実際に「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングで
電話を受ける日には自宅には前日から帰っておらず

布川敏和が別の家で電話を受け「いいとも!」と答えるのを
つちやかおりは聞いてしまっていました。

交際中にも浮気相手と鉢合わせたこともあったりと
2005年あたりから離婚を考えており
長い間別居生活をしていました。

そして2014年5月1日に別居会見を行い
2014年6月22日に協議離婚が成立。
次女は戸籍は布川敏和がもち、
親権はつちやかおりが持つことに決定しました。
 

【スポンサーリンク】

 

■難病の次女について

布川敏和とつちやかおりの次女の花音さんは
生まれつき『頭蓋底奇形腫』という難病がありました。

闘病生活と4回もの手術を終えて退院できたのは5年後。
実はつちやかおりが最初に
布川敏和との離婚を考えたのはこの時。

結婚前にも布川敏和は度々浮気をしていたので
浮気で離婚するぐらいなら結婚をしていなかったと
言い切っているぐらいです。

では何故離婚を考えたのかというと
次女の難病で悩んでいた時に
布川敏和も両親がなくなってしまい
仕事に支障が出るほど酒を飲んでいました。

さすがに子供が大変なこんな時期に、ということで
離婚が頭をよぎったようですが
次女のこともありそれどころではなかったようです。

布川敏和自身も実はうつ病を患っていたりと
大変だったわけですしね…。

しかし離婚をした2014年時点では次女は中学生であるため
離婚を真剣に考え始めた時期、2005年というのは
次女が難病を乗り越え、無事に退院できて
一息ついた時、というタイミングとなります。

当時は許せても次女の難病が落ち着いたら
怒りがふつふつと湧き上がったというのが
大きいのかもしれません。

次女の難病については
布川敏和とつちやかおりが
以下の本について詳しく書かれています。

■おわりに

布川敏和とつちやかおりは離婚をしてしまいましたが、
つちやかおりはもし別居中に
浮気をしていた男性と再婚をするとしても

次女が成人するまでは結婚をしないという約束をしたと
布川敏和は会見で語っています。

離婚をしたものの、布川敏和と生活をしている長男も
母のつちやかおりとは良く会っていますし
子供のことについてはやはり二人共考えているようです。

しかし離婚の原因が女癖が悪いと言われている
布川敏和の浮気ではなく、
つちやかおりが布川敏和と一緒にいるのが
苦痛になったからというのが意外。

とはいえつちやかおりは
一般男性との浮気の報道が
離婚の原因ではないと強調してはいますが。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA