福井裕佳梨の結婚相手はやまけんこと山本健司!過去には病気も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

福井裕佳梨がやまけんこと山本健司と結婚を発表しました。
山本健司は株式会社タブリエの取締役をして
そして番組ディレクターやイベントの司会
そして自らバンドを立ち上げるなど精力的に活動しています。

今回はそんな福井裕佳梨の結婚相手の山本健司についてと
福井裕佳梨の過去の病気について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山本健司について

本名:山本健司(やまもとけんじ)
生年月日:1974年10月17日
出身:東京都府中市
職業:ラジオディレクター・実業家

山本健司は元々コスパの社員でデザイナー。
そしてフリーになった後は
ラジオ番組のディレクションなどを手がけ

2004年にはタブリエに移籍。そしてパンクロック萌バンド
「OTAKU NOT DEAD」、通称ONDを結成します。
モットーは「人の庭、人の土俵、人の袴で局地戦」

そんなやまけんはつい最近まで
結婚は出来ないと言っていたという。

福井裕佳梨とやまけんの結婚には
関係者からツッコミとともに祝福が!

やまけんがこういう風に祝福されているのを見ると
良い関係だなぁというのがとてもわかります。
 

【スポンサーリンク】

 

■福井裕佳梨は過去にある病気を…

福井裕佳梨は2007年4月にある病気で入院しています。
当初はインフルエンザと思われていましたが麻疹です。

しかし麻疹は子供だけが掛かるというわけではなく
大人もかかってしまうもので、
非常に感染力が強いもので厄介な病気です。

2007年4月13日に薬疹が出ておりすぐに入院。
そして入院した直後は40度の熱が出てしまって
何も出来ないほどの症状。

2007年4月20日には退院して湿疹もほぼ消えたとはいえ
声がほぼ出ず、出せてもハスキーな声で焦りがあったという。

仕事に復帰できたのは2007年5月16日。
それもまだ様子を見ながらで医者からは
一日三時間程度とお達しが出ていました。

福井裕佳梨が麻疹になってから
一ヶ月近くかかってようやく仕事の許可ですから
麻疹は大人になってからかかると
ひどいことになるというのは本当ですね。

■おわりに

福井裕佳梨は山本健司と結婚しましたが
これからも声優業は続けるのでしょうか。

そしてやまけんと交流のあるbambooに春は来るのだろうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA