ハガレン(鋼の錬金術師)の実写化が公式発表!アルフォンス予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大人気コミックの
ハガレンこと鋼の錬金術師の実写が
ついに公式発表されました。

以前からエドワード・エルリックは
HeySayJUMPの山田涼介など
一部のキャストが誰を演じるかは決まっていましたが
今回はその他のキャストも発表!

今回は鋼の錬金術師の実写の
既に発表されているキャストと
準主役なのにキャストが発表されていない
アルフォンスは誰が演じるかについて考察してみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■鋼の錬金術師の実写化で公式に発表されているキャスト

【人間】側キャスト

エドワード・エルリック:山田涼介
ウィンリィ・ロックベル:本田翼
ロイ・マスタング:ディーン・フジオカ
ハクロ将軍:小日向文世
マース・ヒューズ中佐:佐藤隆太
リザ・ホークアイ中尉:蓮佛美沙子
マリア・ロス少尉:夏菜
グレイシア・ヒューズ:原田夏希
ショウ・タッカー:大泉洋
ドクター・マルコー:國村隼

【ホムンクルス】側キャスト

ラスト:松雪泰子
エンヴィー:本郷奏多
グラトニー:内山信二
コーネロ教主:石丸謙二郎

不自然にないアルフォンス役。
しかしキャストを見るに
序盤も序盤という感じですね。

原作者の荒川弘が以前コミックの巻末で書いていた
もし実写化するのなら…という話では以下のとおり。

エドワード:マメ山田か猫ひろし
アルフォンス:CG
ロイ・マスタング:及川光博
ラスト:叶姉妹のどちらか

山田涼介の身長は165なので
エドワードにしてはちょっと大きすぎる気もします。

ロイは及川光博とディーンフジオカとを比べると
なんというかこう、随分大人になったな、というか。
ラストは叶姉妹より松雪泰子のほうが
系統的にはたしかにあっている気がします。

 

【スポンサーリンク】

 

■鋼の錬金術師実写化でアルフォンスはどうなるのか

そしてそうなるとやはり気になるのが
アルフォンス。

アルフォンスの描写は満足していただけるものを
見せることが出来る
と自信たっぷり。

荒川弘もコミックの巻末コメントでは
アルフォンスはCGがいい、といっていましたし
アルフォンスは基本的にCGなのかも…?

もしくは実際の甲冑を誰かが着て不自然なところを
CGで補佐する感じかな?そっちの方が自然にできそう。

CGだとしても鎧を誰かが着るにしても
声を当てるのはアニメでも担当した釘宮理恵とかなのかな。
そっちに合わせる必要はないですけど

今アルフォンスの声って言うと
少年のような声を連想する人がほとんどですよね。
アニメと実車は違うから
野太い声のアルフォンスの可能性もありますが。

■鋼の錬金術師実写版のストーリー考察

まずストーリー前半くらいまでは
原作に沿ったストーリーという発言が過去に
監督から出ています。

そうすると完全オリジナルストーリーで
アルフォンスがいないとか、そういう話ではなさそう。

キャストを見る限りコーネロ教主の
野望を打ち砕くのはやりそう。

しかし前半の敵となるホムンクルスのラストという表現をしてるので
原作とは違いここでエドワード達と
ラストたちも戦いそうだなぁ。

ヒューズの奥さんも出てきてるから
コーネロ教主の悪事をヒューズ中佐が暴いて
気づいたことをラストにバレる展開とかがありそう。

原作のあのシーンがない限りは
ヒューズの奥さんわざわざ出さないよなぁと。

映画の時間を考えると戦闘はそんなに多くないでしょうし
キャストを見るに結構駆け足でやりそう。

ハクロ将軍が出るということは
そこは原作通りやって、そこでマスタング組の顔見せ
原作より前倒しでマリア・ロス少尉を
護衛につけるとかかな。

タッカーは出てくるのに
スカーやアームストロング少佐はいないので
タッカーが今回ラスボスになってそう。

ドクターマルコーは微妙だなぁ…
タッカーとつながりを作って
そこから登場させるのが良さそう。

原作と違いマルコーから奪った賢者の石を使って
自分自身をキメラにするとかで
暴走したタッカーを討伐、みたいな。
きっと第五研究所までは時間的にやれないと思うんだよなぁ。

■おわりに

個人的には実写化には
かなり向かない世界観だとは思いますが

アニメや映画でが大成功を収めましたし
今回の実写映画化も成功して欲しい!

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA