濱田龍臣は現在夢を叶えてウルトラマン主人公に高校生ながら抜擢!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子役出身で現在は俳優として活動をしている濱田龍臣
幼稚園の頃からの夢を叶え、

ウルトラマンシリーズの最新作「ウルトラマンジード」で
高校生ながら主人公を
演じることが明らかになりました。
今回はそんな濱田龍臣の現在について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■濱田龍臣について

名前:濱田龍臣(はまだ たつおみ)
生年月日:2000年8月27日
出身:千葉県

濱田龍臣は6歳の時に子役モデルとしてデビュー。
2010年の大河ドラマ「龍馬伝」で
坂本龍馬の幼少時代を演じて注目をされ、
「ゴールドドリームアワード2010」で

文化芸能部門と金の卵部門を受賞しており
子役として当時から注目をされていました。

また、2013年の中学生の時に
GReeeeN「僕らの物語」PVで初主演。
一気にイケメンとなっており
身長も4年間で40cmも伸びています。

身長が急激に伸びたことにより
顔は子役の頃の印象が強いのに
身長が伸びてしまってオーディションに
落ちてしまうという苦悩の過去も…。

ちなみに14歳年下の弟、
濱田龍也くんもいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■濱田龍臣は現在ウルトラマン主人公に

そして濱田龍臣は2017年現在
2017年7月8日スタートの
「ウルトラマンジード」で
ウルトラマン主人公になることが発表されました。
濱田龍臣にとっては幼稚園の頃からの夢であったという。

濱田龍臣は2010年公開の映画
「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」で
ナオとして鋼鉄の武人・ジャンボットのコックピットに乗って
ウルトラマンゼロ達と肩を並べて活躍をしています。

また、2012年公開の映画
「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」で
主人公であるゴーカイレッドこと

キャプテン・マーベラスの幼少時代も演じており
濱田龍臣は小さい頃から特撮の世界で活躍をしています。

■おわりに

濱田龍臣が演じるウルトラマンジードは
現在放送中の「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」
の続きという形になるようです。

2010年公開の映画
「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」で
濱田龍臣がナオとして闘った
悪に堕ちた巨人・ウルトラマンベリアルの

遺伝子が受け継がれていることを知るという話なので
ダブル主人公のような形になるのかも…?

乙一が初めてシリーズ構成を手がけるようなので
一筋縄ではいかなそうな予感。
濱田龍臣は16歳ですし劇中でも
変身前は高校生ということになるのかが気になる。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA