花總まりの実家は不動産会社を経営し醍醐という本名から旧華族という噂も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宝塚100年に1人の娘役と呼ばれている花總まり
本名である醍醐という名字から
実家は旧華族ではないかと噂をサれています。

今回はそんな花總まりについてと
実家の噂についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■花總まりについて

名前:花總まり(はなふさ まり)
本名:醍醐まり子(だいご まりこ)
生年月日:1973年2月28日
出身:東京都

花總まりは母が元松竹歌劇団の青江奈美であり
子役として雑誌の表紙にもなることがあった人物。

母が宝塚の正装の袴に憧れていたこともあり
宝塚のことは気がついたら存在を知っていたという。

5歳の頃にはバイオリン、
小学校からはバレエを習っていて
最初はバイオリニストになるため
音大に進もうとしていたものの

先生について学んだ際には
バイオリンを長時間弾いていけないと思い
1991年には宝塚歌劇団に入団。
1992年に星組に配属をされ
その後には雪組、宙組のトップ娘役として活躍。

2006年に退団をしますが
宝塚歌劇団娘役を12年3ヶ月という
歴代最長記録を保持しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■花總まりの実家について

花總まりの実家については
大金持ちという噂があります。
その理由としては本名が醍醐であるため
旧華族の出身ではないのか、という事。

そうして真偽は不明なものの、
以下のような都市伝説が生まれています。

衣装は自前。
新東京宝塚劇場の緞帳をプレゼントした。
億ションに住んでいる。

少なくとも実家は花總まりが幼いころから
バイオリンを習わせて
音大に進学することも不可能ではないということなので
旧華族なのかは不明ですが裕福であることは確か。

■おわりに

宝塚での歴史に残る活躍と
実家についての都市伝説的な噂を持つ花總まりですが
2017年には大河ドラマ「おんな城主 直虎」で
テレビドラマに初出演をし

2016年にはソロアルバムを発売し
2017年2月に無料配信を以下のように配信。

これから花總まりは
ますます様々な場面で活躍をしそうです。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA