橋本マナミの決意が凄い。実はグラビアの仕事は嫌いだった過去も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

13歳でデビューし、現在ブレイクしている橋本マナミ
実はグラビアの仕事は元々嫌いだったものの
とある決意が良い方向に働いたために
仕事が好きになってブレイクをしました。

今回はそんな橋本マナミについてと
橋本マナミの決意について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■橋本マナミについて

名前:橋本マナミ(はしもと まなみ)
本名:細川愛実(ほそかわ まなみ)
生年月日:1984年8月8日
出身:山形県山形市

橋本マナミは元々
ドラマ「ひとつ屋根の下」にあこがれて
芸能界入りを目指します。

そうして1997年、13歳の頃に
「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で
演技部門賞を受賞。

そうして2000年ごろから
多くのテレビドラマに出演。

しかし思うように成果が出せずに
2012年にそれまで所属していた
オスカープロモーションを退社。
事務所をアービングに移籍します。

そして2014年ごろからブレイクをしますが、
そのブレイクした理由として大きいのは
橋本マナミの決意でした。
 

【スポンサーリンク】

 

■橋本マナミの決意

演技の仕事がしたいと思って芸能界入りをした橋本マナミ。
しかし演技の仕事は広がりを見せず、

暇な時間も多くてお芝居のために
多くの舞台を見たり、本を読み映画を見て
ジムで体を鍛えたり人と沢山話したりと
考えつくことは全て行っていました。

そして30歳も近くなった頃に
今までやっていたことをすべて捨てて
1から始めようと決意。
その決意の第一歩として橋本マナミは事務所を辞めます。

そうして多くの事務所が門前払いをする中
アービングに入ることが出来て、
これから何をするかと思ったときに

橋本マナミがデビューした当時していた、
グラビアアイドルをやってみようという話に。

実は橋本マナミは元々グラビアは大嫌いでした。
理由としては背伸びしたいという気持ちがあって
無理をしていたからだと
橋本マナミは分析しています。

しかし橋本マナミはすべてを捨てて
1からやりなおす決意をしたため

案外楽しく思えて、今ではその仕事も
好きになって高評価。
そうしてそれがきっかけで
様々な仕事が来てブレイクに至ります。

ちなみに橋本マナミは16歳で水着デビューをしましたが
それまではスクール水着しか着たことがないために
ビキニを着ることが嫌で、その結果
うまく笑うことができなかったという。

そのときにスタッフが
「誰も見ていないから」と
励まして言ったのだとは思うものの
当時は本当に落ち込んだそうです。

■おわりに

橋本マナミはある意味トラウマになっていた
グラビア撮影をもう一度しようと
決意してその結果ブレイクしましたが

他人の、本当に些細な一言でも
良い方向にも悪い方向にも
何故か大きく影響をおよぼすことってありますよねぇ…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA