日野未来(中原未來)が競輪学校で期待の新人に!グラドルからの転向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中原未來という名義でグラドルとして活躍をしていて
現在は競輪学校で期待の新人とされている日野未来

今回はグラドルから競輪学校に入学し
成績優秀者しか取ることの出来ない
「ゴールデンキャップ」を獲得した
日野未来について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■日野未来について

名前:日野未来(ひの みらい)
元芸名:中原未來(なかはら みく)
生年月日:1993年1月26日
出身:大分県大分市

日野未来は2010年に福岡県福岡市を拠点として
活動をするアイドルグループHRに
中原未來として活動。

また、日野未来はアイドル活動のため
自らの意志で高校を中退しています。

2011年1月にはチームHのキャプテンとなり
2012年4月からはグループ全体のキャプテンを務めています。

2012年7月には卒業をし、
2013年には上京して
プラチナムプロダクションに所属。
グラドルとして様々な活動。
 

【スポンサーリンク】

 

■日野未来がグラドルから競輪選手の道へ

日野未来は2014年の松戸競輪場に
タレントとして仕事で訪れ、
そこでガールズ競輪に出会います。

そこで競輪選手という仕事を知り、
この仕事を絶対に目指すという気持ちが溢れて
事務所に直談判。

2015年10月にはガールズ競輪の選手を
目指すことをブログで報告。

2016年3月末に芸能活動を終えて
仕事で訪れたことのある奈良競輪場に直談判し
奈良71期の佐藤成人選手に弟子入り。

2017年1月には競輪学校の試験に無事に一発合格。
2017年5月には無事に入学式を行っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■日野未来は競輪選手としてのポテンシャルが高い

そうして無事に競輪学校に入学をした日野未来ですが
入学式の直後である2017年5月15日と16日に行われた
能力を評価する試走会では以下のような成績を出しています。

200mフライングダッシュ:12秒62(1位)
400mフライングダッシュ:25秒97(2位)
2000mタイムトライアル:2分48秒49(3位)

入学直後で既にすべての種目で表彰台レベル。
A評価を獲得しており、これは
21人の同期の中で2人しか獲得できていません。

そして2017年7月3日と4日に行われた
「第114回生徒第1回記録会」で優秀な成績を出し
スピードと持久力が共に優れている生徒のみに与えられる
「ゴールデンキャップ」を獲得。

日野未来は21人いる女子の同期の中で
トップに立ったということになります。

2018年3月に競輪学校を卒業し
競輪のプロデビューの予定となっていますが
今からどんな走りを見せてくれるかが楽しみ。

■おわりに

日野未来は高校一年生のときに
既にアイドル活動をしており
そのために一年も通わずに高校を中退。

そして競輪学校の試験をうけるためには
高卒資格保持者が必要なので
日野未来は高等学校卒業程度認定試験を受けて
合格をしなければならず。

勉強が大嫌いであったので
勉強が一番の地獄だったと語っています。

日野未来はスポーツ経験もほぼゼロ、
そして勉強もかなり苦手であったにも関わらず
勉強と並行をしてトレーニングし、20kgも増量。
本気具合が本当にすごい。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA