平田実音は肝不全で痩せすぎてガリガリに13年前になっていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役の平田実音
肝不全で痩せすぎてガリガリであったということが判明しています。

今回は平田実音についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■平田実音について

本名:平田実音(ひらた みお)
生年月日:1983年6月1日
出身:東京都港区
職業:タレント

1985年、二歳のころにモデルとして芸能界デビューをし
1991年から『ひとりでできるもん!』で初代舞ちゃんを担当。
そして紅白歌合戦にも出場し
中学生、高校生になった時も平田実音は『ひとりでできるもん!』に
お姉さん役として再出演。

その後『みんなの広場だ!わんパーク』に
ミーオ役として出演し司会となりました。
 

【スポンサーリンク】

 

■平田実音は痩せすぎてガリガリだった

平田実音は実は以前から入退院を繰り返していたという。
上記の『みんなの広場だ!わんパーク』を制作した
芸能事務所「ゲンプランニング」の代表取締役の加藤元が
自身のfacebookで平田実音は肝不全であったと発言しています。

奇抜な髪の色のをしたコスプレで
歌って踊れる子どもたちのアイドルというのが
現在の初音ミク、そしてきゃりーぱみゅぱみゅなどのアイデアの
一因となったのでは、とも言われている平田実音。

加藤元のfacebookに投稿された上記の平田実音の画像を見ると
確かにかなりヤセてガリガリなのがわかります。
画面を通すと多少ふっくらとして見えると言いますが
画像が不鮮明なのもあってかなり不安を覚える二の腕の細さ。

2000年、17歳前後が1番ヤセて
ガリガリであったということですが
その後NHKの記念番組で見た時には
普通の体型と持ち直していたとのこと。

平田実音は歌って踊れるアイドルで
ダンスをしなければいけなかったために
より細く、より身軽にという意識があった可能性も。

■おわりに

平田実音は芸能界を引退し
ライフスタイルが変わった事で
肝不全になってしまったのかもしれません。

痩せすぎてガリガリなのを気にして
標準体型にしようとして
それが行き過ぎた結果など。

入退院を繰り返していたというのも肝不全のためで
平田実音の芸能界引退もそれが理由だったのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA