細川茂樹が現在解雇の理由はパワハラ行為があったためと事務所が説明するも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イケメン家電俳優の細川茂樹
所属事務所のサムデイから
パワハラ行為があったという理由で契約解除をされました。

しかし細川茂樹は契約解除は無効だとして
仮処分申請が東京地裁で認められたものの

所属事務所のサムデイは
細川茂樹との契約が終了し解雇したことを
2017年4月4日現在発表しました。

今回は細川茂樹が所属事務所から
契約解除、そして解雇された理由とされる
パワハラなど一連の騒動についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■細川茂樹の契約解除騒動

細川茂樹が2016年末を持って
所属事務所のサムデイから
契約解除をされていたのが発覚したのは2017年1月。

今まで細川茂樹はマネージャーに対して
ミスをした場合に激しく叱責し
土下座をさせたり

運転の仕方が悪いとして
ケリを入れたりとパワハラ疑惑があり
現在までにマネージャーが何人も変わっているという。

そして2016年12月に細川茂樹の所属事務所の幹部が
細川茂樹に電話で注意をすると
細川茂樹は反論し、その翌日には弁護士を連れて
事務所を訪れ、事務所に謝罪を要求したという。

そうしてその騒動の顛末を聞いた
所属事務所の社長が激怒。
細川茂樹の契約解除に動きました。
 

【スポンサーリンク】

 

■細川茂樹の契約解除は無効と一時認められたが…

前述のパワハラなどの騒動を理由として
細川茂樹は所属事務所から契約解除をされましたが
2017年1月5日に予定していた番組への出演が

取りやめになったため
細川茂樹は東京地裁に
契約解除は無効だと訴える仮処分を申請。

細川茂樹はマネージャーとは円満な関係で
パワハラなどは一切なかったと否定し、

東京地裁はこの細川茂樹の申し立てを
事務所の契約解除は具体的な事情が説明されず、
解除権の濫用に当たるとして認め
2017年2月21日に契約の続行を命じました。
 

【スポンサーリンク】

 

■細川茂樹は2017年3月末に解雇されていた

しかし細川茂樹の所属事務所は
3ヶ月前に通達すれば理由なく
契約解除できるとした条項を持ち出して

細川茂樹へ契約解除通告をしたのは
2016年12月26日であるため
契約は2017年3月末で終了をしたとする文書を出します。

しかし細川茂樹の代理人は
所属事務所から2月7日に契約解除の申し入れがあり
2017年5月7日に契約終了を主張しており
所属事務所と食い違いがでています。

■おわりに

細川茂樹の契約解除はパワハラが理由だとしていますが
それにしても事務所の動きが急すぎる気もします。

現在はこの3月末で解雇したというのは
所属事務所だけの発表なので
細川茂樹の代理人もおそらく反論をするでしょうし
そちらの話も聞いてから判断したい所。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA