今村復興大臣が謝罪し辞任。不適切発言にて炎上の結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今村復興大臣が不適切発言で
すぐさま発言を撤回し謝罪をしましたが
辞任することが決定しました。

今回はそんな今村復興大臣が謝罪した
不適切発言の経緯などについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■今村復興大臣が謝罪した不適切発言

今村復興大臣の不適切発言は
東日本大震災に関して以下のもの。

「社会資本等のですね、
毀損もいろんな勘定のしかたがございますが、
25兆円という数字もあります。

これはまだ東北でですね、
あっちの方だったから良かったので、

これがもっと首都圏に近かったりすると、
莫大なですね、
甚大な被害があったという風に思っております」

■今村復興大臣の発言の経緯

前述のような発言をしたのは
2017年4月25日夜の
自民党二階派のパーティーでの講演。

東日本大震災での経済的損失を
説明するという文脈で発言をしています。

もし首都圏にもっと近い位置で
震災が起こっていたら
経済的損失は今よりももっと大きくなっていた、
という趣旨であるとして
今村復興大臣は発言を撤回して謝罪をしています。

言いたいことはわかるのですが
正直言い方が致命的によろしくない。
以下の一文が完璧に必要ありません。

これはまだ東北でですね、
あっちの方だったから良かった

この一文が無くても
言いたいことはわかるので本当に余計な一言を加えてしまい
炎上をしてしまったということに。
 

【スポンサーリンク】

 

■今村復興大臣は当初辞任の考えを否定していたが…

今村復興大臣は不適切発言をめぐり
すぐさま撤回し謝罪をしたものの
当初は辞任の考えはなかったとのこと。

しかしすぐさま辞任する意向であると
与党関係者が明らかにしています。

■おわりに

以前の記者に激怒した件については
同じような質問を繰り返していて
怒っても仕方ない感じはしましたが

今回の今村復興大臣の発言は
悪意があったとは思えませんが
炎上しても正直仕方ないですね…。

後任の復興大臣はやはり被災地のことを
よくわかっている被災3県選出の
議員の方が良い気がします。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA