岩崎良美は夫(大学病院勤務の産婦人科医)の一言で母との確執が修復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タッチで有名な歌手の岩崎良美
そんな岩崎良美は実は初めて結婚したのは2011年で50歳。

決して男性にもてなかったわけではないものの
結婚が遅くなったのには理由があります。

今回はそんな岩崎良美と結婚した夫と
何故結婚をしなかったのか、そして
大学病院勤務の産婦人科医の夫とは
何故結婚をしたのかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■岩崎良美と結婚した夫について

岩崎良美は2011年10月に
都内の大学病院に勤務する有名な産婦人科医と結婚をしています。

夫となった男性は当時53歳。
岩崎良美は50歳なので3歳ほど年上になります。

論文も多数発表したこともあり
医療事故の特別弁護人を勤めた経験もあり
公演の依頼も多い多忙な先生。

岩崎良美によると夫の外見は
オットセイに似ていて
笑顔が素敵な男性とのこと。

岩崎良美と夫は2011年5月に
知人の紹介で出会い、初めて会った気がしないで
幼い頃から知っている感覚があったそう。

結婚を決意したのは、夫が岩崎良美を
大事にしてくれるし
自分らしくいられるため、とのことです。

岩崎良美の夫は初婚ではなく再婚。
2003年に妻をなくしており長男と長女がいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■岩崎良美が今まで結しなかった理由

男性にとてもモテていたという岩崎良美。
しかし何故結婚は50歳になってからだったのか。

実は岩崎良美の父は岩崎良美と
同じく歌手である岩崎宏美のマネジメント会社を設立しており

1988年に岩崎宏美と当時交際していた内田直哉の結婚を
父親が反対したことにより破局。

1989年に大手商社の御曹司と結婚することになりましたが
結婚式に父親は現れず。

そして二児をもうけたものの
岩崎宏美は夫と結婚したら仕事は控えるという約束を
父親の会社を助けるために守ることが出来ず
仕事を多くするために衝突をし
1995年には離婚をしてしまいます。

そして仕事が忙しくなると父親は
家族のことを後回しにしてしまい2002年に離婚。
姉の岩崎宏美は父と共に実家に残り
岩崎良美は母と共に生活をしています。

そういった家庭の事情から岩崎良美は結婚というものが
どこか現実味のないものになってしまいました。
そうしているうちに姉の岩崎宏美は
年下の俳優、今拓哉と再婚。

そのことを受けて岩崎良美はどこか置いて行かれたような気になり
いずれは自分も一人になってしまうんだ、と思うと
新しい家族が欲しい、と思うようになっていき
岩崎良美の結婚への思いが強くなりました。

■おわりに

岩崎良美は実は母と確執がありました。
姉がすでにいるために母は男の子が欲しかったようで

姉のコンサートには来るのに
岩崎良美のコンサートには来なかったり、
岩崎良美が出ている番組の録画を
消されたりもしていたという。

しかしその確執も終わりに向かっています。
夫が岩崎良美の幼少期の写真を見た時に
岩崎良美に以下のように声をかけてくれました。

寂しかったの?よく頑張ったね

岩崎良美の小さい頃の写真を見て
自分を理解してくれたことで母との関係に変化が生まれ
現在は関係が修復に向かってるそうです。

大学病院勤務の産婦人科医となると
やはり小さい子供の表情とかで
何か分かるものがあるのでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA