陣内貴美子は不妊治療していたが子供を断念…旦那の言葉でやめどきを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元バドミントン日本代表で
オリンピック出場経験もある陣内貴美子

旦那である元プロ野球選手の金石昭人と結婚をし
子供を産むために不妊治療をしていましたが
旦那の言葉で不妊治療を辞めています。

今回はそんな陣内貴美子の不妊治療についてと
やめどきであると悟った理由である
旦那の言葉についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■陣内貴美子について

名前:陣内貴美子(じんない きみこ)
生年月日:1964年3月12日
出身:熊本県

陣内貴美子はサントリーバドミントン、
ヨネックスバドミントン部を経て
1992年にはバルセロナオリンピックに
日本代表として出場をしています。

1994念には現役を引退し、
フジテレビの番組の土曜日キャスターになり
1995年には「プロ野球ニュース」の
キャスターやリポーターを担当しています。

そうして現在も「news every.」など
多くのテレビ番組に出演してわかりやすくニュースを伝えており
「木原さぁん、そらジロー!」と呼びかける声でもおなじみ。

■陣内貴美子と旦那、金石昭人の結婚

陣内貴美子と旦那の金石昭人が
結婚をしたのは2000年のこと。
陣内貴美子は36歳、金石昭人は40歳となる年でした。
 

【スポンサーリンク】

 

■陣内貴美子の不妊治療

そうして36歳で結婚した陣内貴美子は
結婚当初は子供は自然にできるものと思っていたものの
子供ができなかったために39歳から不妊治療を開始。

最初は排卵日前日や当日に
性生活を行う「タイミング法」をしたものの
妊娠できず、検査を受けてみると
卵管がねじれており妊娠が難しいことが発覚。

42歳の頃に体外受精にきりかえ
毎日病院に通って排卵誘発剤を打ち、
陣内貴美子は体外受精1回でおよそ50万円、
顕微授精1回でおよそ60万円かかったとのこと。

そうしてこれだけお金を出したのだから
絶対子供ができてほしいなど
やめどきがわからず、精神的にも
追い詰められていたという。

■陣内貴美子のやめどきを作ってくれたのは旦那

そうして不妊治療を続けていた陣内貴美子ですが
やめどきを作ってくれたのは旦那である金石昭人。

追い詰められていく陣内貴美子を見ていた旦那が
45歳の時に「もうやめよう」と告げたことがきっかけ。

旦那の子供が欲しかった思いや
親に孫の顔を見せたかったという思いもあったものの
やめどきがわからなかったものの

旦那がやめどきを決めてくれたとして
安堵の気持ちもあったという。

■おわりに

陣内貴美子は不妊治療を長年続けたものの
子供は授かれませんでした。

そういうのを考えるとできちゃった婚などは
バッシングされがちですが
それで上手くいくのならアリなのかなぁと思ってしまう。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA