陣内孝則が嫌いな俳優は織田裕二!?因縁が色々と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

陣内孝則は今は大好きなものの、初対面の印象が悪く
嫌いな俳優だったとして織田裕二を挙げています。

では一体、陣内孝則と織田裕二にはどのような因縁があり
嫌いな俳優となってしまっていた時期が合ったのでしょうか。
今回は2人の因縁について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■陣内孝則と織田裕二の因縁

陣内孝則が織田裕二を嫌いな俳優だと
認識したのは初対面。

およそ30年ほど前のことですが
当時は陣内孝則はトレンディドラマなどで
ヒットしており、少しだけ調子に乗っていた
というのもあるようです。

そして織田裕二とすれ違うときに、
サングラスをかけていたためか
ぶつかりそうになっても避けず、

ぶつかる寸前に織田裕二のマネージャーが袖を引っ張って
ギリギリぶつからなかったという。

そしてその時の会釈もどうやら陣内孝則的には
気に食わなかったようで嫌いな俳優として
インプットされてしまったのだという。
 

【スポンサーリンク】

 

■2015年にも陣内孝則は織田裕二に…

陣内孝則は織田裕二のことを
当時は嫌いな俳優と言っていました。

そして実は2015年9月時点でも
あまり好意を持っていないと暴露しています。

陣内孝則は信長と顕如の宿敵関係が
描かれた舞台「Hoganji」での制作発表で
「自分自身にとっての宿敵は?」と聞かれると
以下のように即答。

「織田玉枝くんと大泉洋くんですね」

「織田くんは、『愛しあってるかい!』をやってたころは
僕がフジテレビでブイブイいわせていたんだけど、

『東京ラブストーリー』が出てから
ドラマ枠がシフトチェンジして、
僕から織田くんに優しくみたいな世界に
なってきたので、あまり好意を持っていないんです」

大泉洋はいろんなことが被ってしまうから
大好きな俳優ではあるもののライバル意識が強いという。

また、更に過去の2006年にも映画『バックダンサーズ』での
クランク・アップ会見では陣内孝則は以下のように語っています。

「あれ(東京ラブストーリー)以来、
フジテレビは私よりも、織田裕二を優遇しているみたいです(笑)。
この映画は『踊る大捜査線』よりもヒットさせます!」

織田裕二にかなり強烈な
ライバル意識を持っていますね。

■おわりに

陣内孝則は初対面から数年経って再開したときには
礼儀正しく挨拶をしたために
織田裕二はいい人だ、と感じて今は仲良しだと語っています。

そうすると長年に渡って
織田裕二が嫌いな俳優だと言っていたのは
逆に中が良いからこそ言えていた、ということなんでしょうか。

それにしては言っていることが全然ぶれてないので
陣内孝則は織田裕二のことを嫌いな俳優だと
まだ認識してそうな気も…?

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA