角田信朗と松本人志の確執報道は手違いが原因の可能性も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

角田信朗がブログで松本人志との間に確執があり
和解をしたいと申し出たことで話題となっています。

松本人志は今まで角田信朗との件について触れてはいませんでしたが
2017年1月22日のワイドナショーでその問題について言及。
今回は角田信朗と松本人志の確執報道について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■角田信朗と松本人志の確執報道について

発端は角田信朗の2017年1月16日の
午前中に投稿されたブログ。

タイトルは「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」
角田信朗が松本人志に伝える内容となっていて
要約するとだいたい以下の通りとなります。

以前はダウンタウンの番組によく呼んでもらっていた。
そして番組で「芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権」
を開催するので角田信朗にオファーがあった。

オファー自体は嬉しかったが
当時はミスジャッジやレフェリングの
問題提起があった時期であり
K-1のイベントサイドにも意見を仰いだが自粛要請が出た。

事務所を通して経緯を説明し、レフェリーではなく
解説など別の形を提案したが番組に出演できなかった。

その1年後にダウンタウンDXから出演依頼があったが
収録前日にマネージャーが収録中止になったと言ってきた。

マネージャーが言うには
松本人志は角田信朗が以前オファーを断ったことに怒っていて
角田信朗の名前を見つけた途端に収録は中止だと言ったとのこと。

かなりの長文。
和田アキ子もちょろっと出演しています。
このことについては和田アキ子も困惑気味。

 

【スポンサーリンク】

 

■角田信朗のブログについて松本人志の反応

角田信朗のブログでの松本人志との確執騒動に対して
松本人志が反応をしたのは2017年1月22日の「ワイドナショー」。

松本人志が言うには、8年前に
「ガキの使いやあらへんで!!」の
企画「叩いて被ってジャンケンポン」を
2、3週にわたって行うという番組企画のため

角田信朗がレフェリーとして出演する予定だった。
ところが収録二日前にドタキャンがあった。
そのため多くの芸人のスケジュールを押さえていたのに
収録は飛んでしまい、吉本や日本テレビの問題にまで発展をした。

角田信朗のダウンタウンDXへの
出演依頼があったのは何かの手違い。

しかしドタキャンがあったために
吉本や番組としても角田信朗を
出演させるわけには行かなかったため
松本人志の意向ではなかったとしています。

■おわりに

こうみると角田信朗も最初は
「叩いて被ってジャンケンポン選手権」に
乗り気だったわけですしその時点で出演と答えてしまい

その後に自粛要請がでたことから出演できないと
収録二日前に出演をキャンセルをした、
という流れがしっくりきそう。

ダウンタウンDXへの出演依頼についても
そもそもが手違いのようで、松本人志が
NGを出しているというレベルではないですね。

多くの芸人が携わる企画で
主要キャストのレフェリーがドタキャンをしたのなら
迷惑を被った芸人も多いでしょうし。

ダウんタウンDXへの出演依頼が
本当に単なる手違いなのか
意趣返しのようなものなのかは謎ですけれど。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA