ムッシュかまやつは肝臓がんで入院し、現在は退院するもなくなっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年9月に肝臓がんであることを公表した
ムッシュかまやつことかまやつひろし。

肝臓がんで入院をして再起を誓って
仕事も継続予定ではありましたが
現在なくなっていたことが発表されました。

今回はムッシュかまやつの肝臓がんに倒れてから
現在までについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ムッシュかまやつの肝臓がんについて

ムッシュかまやつが肝臓がんで
あることが発覚したのは
2016年5月の定期検診の時。

当時は手術はせずに通院して
抗がん剤治療を選択して
肝臓がんと闘いながらも仕事をこなしていました。

しかし7月に予定していたライブは肝臓がんなど
健康上の理由で延期。
2016年8月23日には脱水症状に陥り
家族が付き添って都内の病院に搬送され
緊急入院をしていました。

そして2016年9月6日に
ムッシュかまやつが肝臓がんで
入院していることを発表。

「絶対復活するから心配しないで下さい」と
ムッシュかまやつは再起を約束していました。

そうしてムッシュかまやつは2016年10月末に退院。
いとこである歌手・森山良子の家に身を寄せて
通院しながら肝臓がんの治療を続けていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■ムッシュかまやつと堺正章

ムッシュかまやつと堺正章は
グループサウンズのザ・スパイダースで
共に活動した仲であり

堺正章はムッシュかまやつが
肝臓がんで倒れて暫くたった2016年9月18日にも
メールで現在の状態などをやりとりして

身体が良くなったら食事でも行こうと誘い
ムッシュかまやつも
前向きな返答をしたと語っています。

そしてムッシュかまやつは
2016年11月には堺正章の自宅を訪れ
カレーうどんを食べるなど本当に親交が深い。

そうして来月行われるライブに
来られたら来て欲しいと誘ったため
ムッシュかまやつは2016年12月8日に行われた
堺正章の70歳記念スペシャルライブで姿を見せました。

堺正章がムッシュかまやつがこの場に来ていると明かすと
ムッシュかまやつはマイクを持ってステージへ。

そして二人は「サマー・ガール」をデュエット。
左耳が聞こえにくいとは言ったものの
力強い歌声でした。

これがムッシュかまやつが公の場に見せた
最後の姿となってしまいました。

■おわりに

ムッシュかまやつは2016年12月には
現在は人前で歌うほどに回復をしていたと思い
まだまだ元気だとおもっていたのですが…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA