神谷えりなは斜視の手術に成功し再発の恐れなし!原因はアイドル活動だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仮面女子、そしてスチームガールズのメンバーである神谷えりな
高校生のころから斜視となり
2015年に手術をしたものの再発。

2016年に再度手術をして今後は
再発の恐れはないということですが

実は斜視となってしまったのは
アイドル活動が原因であったりもします。
今回はそんな神谷えりなの斜視についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■神谷えりなについて

名前:神谷えりな(かみや えりな)
生年月日:1991年10月15日
出身:静岡県磐田市

神谷えりなは大阪で学生生活をしながら
東京で撮影会などの活動をしており
2011年にアリスプロジェクトに応募。

2012年6月にアイドルデビューをし
2012年10月にスチームガールズとしてデビューし
週刊ヤングジャンプにグラビアも掲載されます。

2016年11月からは
静岡放送のドラマ「超ドSナイトの夜」で
テレビドラマ初主演。

神谷えりなは現在は
スチームガールズの二代目リーダーとして
活動をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■神谷えりなの斜視

神谷えりなの斜視は後天的なもので
高校二年生の春に発症。

保健室で寝て起きたら左の黒目が内側に寄っており
一時的なものですぐに収まったものの
2012年に上京してアイドルデビューをしてからは症状が頻繁に。

当初は原因不明であるとされていましたが
後にストレスや目の酷使が
斜視の原因なのでは、としています。

暗い空間でステージには強烈な照明があり
そしてカメラのフラッシュなどで
どうしても目を酷使してしまうので
それが原因だとされています。

神谷えりなの場合はものが二重に見える
複視の症状が強く、立ちくらみや頭痛も併発し

ライブでも他のメンバーと立ち位置が重なり
ぶつかってダンスの隊形を乱してしまったりと
斜視が原因でライブを休まざるをえないことも多かったという。

■神谷えりなの斜視は手術で今後再発の可能性はなし

そうして斜視に悩まされていた神谷えりなは
2015年5月に斜視の手術を地元・静岡県で行います。

ところが2016年6月に再発してしまったため
2016年11月に再手術をし、
今後は再発の恐れはないと
医師から太鼓判を押されました。

斜視の手術は筋肉の働きを調整して行うものなので
個人差もあり、完璧な調整は難しいため
斜視が再発するのは珍しくはないとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

神谷えりなの斜視は正確には
開散麻痺(かいさんまひ)という状態で
遠くを見る時に目を離す「離し目(開散)」が
うまく出来ない状態だったという。

斜視の原因が開散麻痺であると診断されるまで
20以上の病院に通ったものの
原因不明とされていましたが

最終的には故郷である静岡県の眼科で
初めてそうだと診断をされてようやく手術ということに。
いくつもの病院で原因不明だと診断されても
諦めないことは大切ですね…。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA