金子エミ(パーツモデル)の息子はダウン症世界水泳選手権大会出場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーツモデルとして有名な金子エミ
実は金子エミの息子、長男のカイトはダウン症で
それを隠していません。

そして長男のカイトは実は
ダウン症世界水泳選手権大会(正式名称:TRISOME Games 2016)に
出場するほど水泳が得意なんです。

今回は金子エミの息子、
ダウン症の長男カイトについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■金子エミについて

名前:金子エミ
生年月日:1970年11月14日
出身:東京都
職業:パーツモデル

夫テレビ局のプロデューサーの村井清隆。
業界の友人のパーティで知り合ったとのこと。

そして弟はウォーターボーイズなどで早乙女聖役をした
俳優の金子貴俊だったりします。

金子エミはパーツモデルのため
まだまだ普通の人には負けないほどパーツが美しいのですが
やはり年齢とともに限界を感じてはいるようで
転身を少し考えているようです。

パーツモデル経験を活かして美容研究家が有力候補。
確かにその道に関してプロフェッショナルですし
説得力も凄い有りますよね。
 

【スポンサーリンク】

 

■金子エミの息子のカイトについて

金子エミは1997年に長男のカイト、
2004年に次男のリオを出産しています。
そしてダウン症があるのは長男のカイト。

しかしカイトはなんと2016年7月15日から22日にかけて
イタリアのフィレンツェで行われた
ダウン症世界水泳選手権大会(正式名称:TRISOME Games 2016)に

日本代表で出場しています。
自由形50m、背泳ぎ50m、100m背泳ぎの
日本代表という晴れ舞台です。

この大会、2016年から4年に1度開催されるようになった大会なんですが
ダウン症のオリンピックと言われるほどに大掛かりなものなんです。

ダウン症は筋肉が柔らかいなどで
パラリンピックに出場するのは難しいため
大会ができた経緯があります。

金子エミの長男のカイトは
この大会に参加するこに挑戦し続け、
今年ついに出場できることになりました

そして普段は肌に気をつけている金子エミも
このときばかりはカイトの応援に力を入れています。

結果としては以下のとおり。

50m背泳ぎは47位
100m背泳ぎは26位。
男女混合メドレーリレーは日本12位。

環境の違いでスタートの合図が英語など
日本の大会とは全く違うのが原因で
戸惑ってしまい出遅れてしまった感じです。

■おわりに

金子エミは最近パーツモデルとしてではなく
普通に顔を出し始めていますね。

やはりそろそろ美容研究家として転身を
真剣に考え始めているのでしょうか。

実際にパーツモデルをしていた人の兵法というのは
凄い説得力ありますし
今すぐ転身しても全く問題無い気がします

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA