片山さつきの舛添要一との離婚理由が凄い。夫・片山龍太郎とは1年後再婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若い頃に舛添要一と見合い結婚をし
そしておよそ3年後に離婚をした片山さつき
なかなか離婚理由が凄いものがあります。

そして離婚をして1年後の1990年には
現在の夫・片山龍太郎と結婚をしています。

今回は片山さつきと舛添要一の
離婚理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■片山さつきと舛添要一の結婚の経緯

片山さつきと舛添要一は見合い結婚です。
片山さつきは当時27歳。
東大法学部卒業後に大蔵省(当時)に入省した
女性初の主計官として注目を集めたエリート中です。

当時はそのぐらいの年齢になると
恋愛の期間がなくても見合いで結婚をするのは普通だと
片山さつきは考えており、

役所自体もそのような保守的な空気が強かったため
見合い自体には何も問題視していませんでした。

そして片山さつきは舛添要一の前にも
見合いをしていましたが
片山さつきは結婚をしても仕事が続けたかったために
見合いはうまくいっていませんでした。

そんなときに大蔵OBの元労働相、
近藤鉄雄に紹介されたのが舛添要一。
当時東大助教授であった舛添要一は

片山さつきのその結婚をしても
仕事を続けたいという言葉に好意的で
同期や教え子に官僚がいるため生活パターンは熟知していて
遅くなっても構わないとまで発言。

そのため片山さつきは舛添要一は
仕事と家庭、両方を支援してくれる人物だとして
結婚を決意します。
 

【スポンサーリンク】

 

■片山さつきと舛添要一の離婚理由

しかし結婚前に舛添要一は片山さつきに
相談もせずに夕刊紙の記者を連れてきて
結婚話を一面で報道させます。

片山さつきが関係者への挨拶するよりも早く
ニュースで報じられてしまい、
片山さつきには結婚前から少し違和感があったようです。

そうして結婚してからすぐに舛添要一は豹変し
遅く帰ってきた場合に怒鳴り、
物を投げつけるなどDVをするように。

そうして夜に浦和市(現・さいたま市)の実家に
タクシーで戻って避難。

3ヶ月で離婚を考え弁護士に相談をしますが
そのときに舛添要一には愛人がおり
子供を妊娠中だったことが判明。

離婚理由としてはDVということになるのでしょうか。
愛人がいて不倫をしたことについては
片山さつきは既に何も感じなかったと答えています。

そうして離婚が成立したのは
結婚の2年3ヶ月後ですが
時間をかけたのは世間体を考えてのことだけで
実際には半年も同居をしていませんでした。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

そうして片山さつきは舛添要一と1989年に離婚をして
現在の夫・片山龍之介と1990年に結婚をしています。

舛添要一は現在激やせしているとも言われていますが
今後はまた政界に復帰などあるのでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA