加藤諒がカツラで役作り!ダンスもキレッキレでパタリロでも踊るか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パタリロを加藤諒が扮して舞台に。
個性派の俳優として名高いですが
言われてみれば体型や口元などがそっくり…。
パタリロが実写になってここまで違和感がないのって凄い。

今回は加藤諒のカツラの理由についてと
ダンスがキレッキレなことについて見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤諒について

名前:加藤諒(かとう りょう)
生年月日:1990年2月13日
身長:160cm
職業:俳優

元々は加藤諒は10歳の頃に
『あっぱれさんま大先生』で子役でデビュー。

そして2008年の映画『デトロイト・メタル・シティ』や
2015年に『学校のカイダン』
2016年にはドラマ『ゆとりですが何か』
そして連続ドラマ小説の『とと姉ちゃん』
などに出演し個性派俳優として確固たる地位を築きました。

顔も眉毛が濃くて印象深いですし
身長も160cmと低めなため珍獣として
強烈な個性をはなっているんですよね。

とはいえキャラが濃いためにどうしても
主役としては使いづらいというのがあります。

しかしパタリロはその異端さが
主役のパタリロの見事にマッチ!
パタリロ主演を機に加藤諒は主演が増えるかも…?

■加藤諒は実はカツラ

顔雨量は不自然な髪型でカツラという疑惑が有り
じっさいにバラエティ番組でカツラを取っていて
カツラだということを特に隠していません。

では何故毛が薄くもないのに
カツラを被るかというとそれは役作りのため。

2016年から放送している『とと姉ちゃん』は
戦前・戦後は舞台であるために
加藤諒の役は坊主であるのが望ましい。

しかし仕事はとと姉ちゃんだけではない。
そのため、他のドラマやテレビでは

今までのどおりの加藤諒の見た目で居るために
カツラをかぶっています。
しかも元々の髪型を想定して作ったオーダーメイド。
なにげにお金がかかっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤諒のダンスがキレッキレ

加藤諒はきゃりーぱみゅぱみゅの大ファン。
自宅でDVDにあわせて踊るほど。
そのキレッキレなダンスは好評で

日本のトップレベルのトップダンサーが集まる
ストリートダンス舞台で
ゲストダンサーとして出演するほど。
そのような意味で実は加藤諒は舞台経験があるんです。

そうなるとパタリロでも加藤諒のキレッキレなダンスを
見ることが出来るのかも…!?

■おわりに

パタリロの実写はこう考えると
加藤諒しかいないという感じ。

そうなると王道のイケメンが
主人公ではないギャグ漫画など
そのような分野では加藤諒は
いろいろ主演をこなせる題材が多い気がしますね。

パタリロがヒットしたら
人気ギャグ漫画の実写映画や舞台に
加藤諒がひっぱりだこになるのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA