加藤登紀子は夫とは獄中結婚で激動の時代だった。娘は半農半歌手のYae

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シンガーソングライターであり
現在は大学の客員教授も勤めている加藤登紀子
夫とは獄中結婚をし、娘には半農半歌手のYaeもいます。

今回は加藤登紀子が何故獄中結婚をしたのかと
娘のYaeについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤登紀子について

名前:加藤登紀子(かとう ときこ)
生年月日:1943年12月27日
出身:満州国・ハルビン市

加藤登紀子は1965年の東京大学在学中に
第二回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し
翌年の1966年に「誰も誰も知らない」でデビュー。
「赤い風船」で第八回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

そうして1972年に夫、藤本敏夫と獄中結婚をし長女を出産。
産休のため少し音楽を離れますが1973年に音楽会に復帰。
1975年には次女の歌手・Yaeを出産しています。

現在は星槎大学共生科学科の
客員教授としても活動をする他に
1997年にはWWFジャパン(世界自然保護基金日本委員会)評議員に就任
2000年にはUNEP(国連環境計画)の親善大使として任命されるなど
歌手以外としての活動も活発に行なっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤登紀子の獄中結婚

加藤登紀子が現役東大生として歌手デビューをした頃は
全国各地で大学紛争が激しかった激動の時代。

その頃に反帝全学連副委員長であった
後に夫となる藤本敏夫と出会って交際を開始。

藤本敏夫は1972年4月に公務執行妨害などの罪で逮捕されて
懲役三年八ヶ月の実刑判決。

中野刑務所に収監をされて
加藤登紀子の周囲からは交際に反対する中で
母親だけが交際を応援したために

加藤登紀子は獄中結婚を決意。
このときには長女を妊娠しており
1974年に夫の藤本敏夫が出所すると
次女、三女を出産し3人の娘がいます。

■Yaeについて

名前:Yae(やえ)
本名:藤本八恵(ふじもと やえ)
生年月日:1975年12月14日
出身:東京都

藤本敏夫と加藤登紀子の次女のYaeは
半農半歌手です。

藤本敏夫は生活が落ち着いた1981年に
多目的農園「鴨川自然王国」を設立。

設立してから暫くは藤本敏夫は千葉県の鴨川に
加藤登紀子と娘たちは東京にいましたが

Yaeは1995年に音楽劇で役者デビュー。
2001年に歌手としてデビューをし、
そして結婚を機に父の鴨川自然王国で
農のあるライフスタイルを実践しています。

2006年2月には第一子が生まれ
現在では二人の母となり半農半歌手として活動をしています。

■おわりに

加藤登紀子は2015年に
沖縄の与那国島で起こった地震について
神の怒りのようだとツイートをして炎上し、
当該ツイートを削除した過去もあります。

政治信条が絡むツイートは炎上の危険もありますし
著名人に限らずあまりしないほうが良い気はします。
なんというか本人も、周りの人もファンも誰も得をしないというか。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA