加藤貴子が不妊治療と妊活をし無事に第二子を妊娠!旦那側の男性不妊も告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の加藤貴子が不妊治療の末に
妊活をして無事に第二子を妊娠したことを報告しました。

不妊の原因が旦那側の男性不妊でも
あったことなどもつい最近報告をしています。

今回はそんな加藤貴子の不妊治療や
妊活の結果無事に第一子、そして第二子を
妊娠したことなどについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■加藤貴子の第一子妊娠について

加藤貴子は2013年10月31日に
一般男性と結婚をしたことを報告。

2014年6月12日にはブログにて
妊娠5ヶ月目であるということを報告しています。
2014年11月には44歳で第一子を出産と
一般的に見て高齢出産になっています。

こう見ると旦那と結婚してわりとすぐに
第一子を授かっているのですが

2013年の暮れには三度目の
稽留流産の手術をしており
すんなりと妊娠をしたというわけではありません。

その際に風邪やノロウィルスにかかっており
半年間休養をしていたことも
妊娠と同時に明らかにしており

不妊治療などの妊活に
専念をしていたということなのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■加藤貴子の妊活再開と旦那の男性不妊

加藤貴子は第一子を無事に
2014年11月に出産をしてからは
2016年2月から妊活を再開しています。

そうして2017年3月19日に
妊活の結果、第二子を妊娠したことを発表。
出産は2017年9月上旬頃になる見込みとしており
47歳目前とすごく高齢出産ということに。

そして実は加藤貴子の旦那も
男性不妊であり、妊娠しづらいということが発覚。
そもそも旦那は一般男性の10%程度しかなく
運動率も5%と言われた時があり

加藤貴子の年齢も考えると
自然妊娠は難しいと言われていました。

しかし男性不妊であった旦那は
不妊治療として以下のような
生活改善をした結果、自然妊娠出来るほどに
状態が改善されたようです。

1:45分のウォーキング
2:規則正しい生活
3:血糖値の上がり方を緩やかにする食事法
4:お酒は控える

不妊治療というのは
何も女性側だけではなく
旦那側に問題がある可能性もあるということを
意識しないといけませんね。

■おわりに

加藤貴子は旦那と共に不妊治療をして
妊活をした結果、無事に第二子を
授かることができたわけで

旦那側の状態についてもきちんと調べたのが
功を奏したようです。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA