川田裕美のスキップはわざとらしいほど震えていて大人気になっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元読売テレビのアナウンサーで
現在はセントフォース所属のフリーアナウンサー川田裕美

自他ともに求める運動音痴であり
スキップはもうほんとわざとじゃないかと

言われるほどに良い意味でひどく
生まれたての子鹿のドジっ子スキップだと言われています。
今回はそんな川田裕美のスキップについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■川田裕美のスキップが注目されたのは…

川田裕美はもともと
運動音痴であることを認めており

「世界一受けたい授業」や「さんま御殿」などに
ゲスト出演した際に衝撃的な動きの
スキップを披露していました。

そうして2016年12月30日の
アメトーーク、運動神経悪い芸人にもゲスト出演し
その際に様々な項目で運動音痴ぶりを発揮。

最後にはスキップを披露したことで
川田裕美の衝撃的なスキップは注目をされることに。

■川田裕美のスキップはわざとらしいとの声も…

しかし川田裕美は卓球だけは得意であり
俊敏な動きをしていたため
あのスキップはわざとらしいし

運動音痴というのはわざと
やっているだけではないのか、とも言われました。

しかしスポーツジムのインストラクターによると
スキップする際の足の上げ方や
膝の屈折角度、腕の振り方から
演技ではなく素の可能性が高いとされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■川田裕美のスキップできないことに関しての発言

川田裕美は「さんま御殿」で
スキップができない事で踊るヒット賞を獲得。

そうして川田裕美のスキップを見た視聴者から
疲れが吹っ飛んだ、笑いすぎて涙が出たなどの
コメントを受け、最高の慰めになると発言。

また、鳥越俊太郎にも
スキップを見たとまでいわれたりと
スキップができないことを武器に変えています。

ちなみに踊るヒット賞の賞品は
「リズム感がつく本」と
「リズム感をつけるためのメトロノーム」だったようで
確かにスキップが上手になりそうなものだと発言をしています。

■おわりに

実際にスキップはどうやってやるかと言われると難しい。
感覚でするならできるんですが

頭の中でどうするか考えてしまうと
運動神経の良い悪いにかかわらず
スキップはできない気がします。

何も考えずにするとできるんですが
スキップはこうやればできる、など
説明するのってなんとも難しい。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA