河合美智子ことオーロラ輝子は現在病気を恋ダンスでリハビリ中だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

河合美智子ことオーロラ輝子が2016年夏に
脳出血を発症して現在は闘病中であることが発覚しました。

そしてその病気のリハビリは
恋ダンスや卓球を採り入れるというユニークなもの。

今回は河合美智子ことオーロラ輝子の
現在と病気についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■河合美智子について

名前:河合美智子(かわい みちこ)
別名:オーロラ輝子(オーロラ てるこ)
本名:鈴木一栄(すずき かずえ)
生年月日:1968年6月13日
出身:神奈川県平塚市

河合美智子は1983年の映画「ションベンライダー」の主役としてデビュー。
約名である河合美智子がそのまま芸名になり
映画の主題歌「わたし・多感な頃」で歌手デビューをしています。

1996年にはNHK連続テレビ小説「ふたりっ子」に
オーロラ輝子役として出演し、
ここでもオリジナル曲「夫婦みち」を
オーロラ輝子名義でCD化して大ヒットし
1997年の紅白歌合戦にも出場。

■河合美智子の現在

河合美智子は2004年12歳年下の
番組制作会社「テレパック」のディレクターの男性と交際を開始し
河合美智子の誕生日である2007年の6月13日に結婚をし
2012年に協議離婚をしていることが発覚しています。

子供もいなく、すれ違いが理由での離婚であるために
河合美智子と旦那は離婚をしても
一緒に仕事をしたり食事に行くなど交流は続いています。

 

【スポンサーリンク】

 

■河合美智子の病気

河合美智子は2016年8月13日に病気を発症しています。
自主映画撮影中の出来事であり
右足が動かなくなり椅子にも座れなくなるほど。

河合美智子の様子がおかしいことに
気づいたプロデューサーが救急車を呼び
病院に搬送された結果脳出血と判断されました。

救急車を待つ間に右腕も固まり
喋ることもできなくなるほどで
血腫量は30CC。出血量があと1CCでも多かったら
開頭手術が必要だったという危機一髪ぶり。

河合美智子は集中治療のために一ヶ月半ほど入院をし
その後には原宿のリハビリ病院に転院して
毎日リハビリをこなしており
リハビリ病院も2017年1月10日に退院し、
現在は通院をしてリハビリができるように。

まだ少し右半身に後遺症が残っているものの
2016年12月13日に生放送されたNHK大阪の歌番組に
出演を出来るほどに回復しています。

また、2017年2月11日には河合美智子は
映画「ママ、ごはんまだ?」の初日舞台あいさつがあり
そちらの出席を目指すために現在も
恋ダンスや卓球を採用したユニークなリハビリを続けているとのことです。

■おわりに

河合美智子はオーロラ輝子もそうですけど
当たり役をそのまま芸名に使うのが
なんだか思い切りが良く感じます。

病気を発症したときも
救急車を呼んだのは河合美智子ではなく
プロデューサーですし役者根性が凄いですよね。

とはいえ幸い言語障害などは残らなかったとはいえ
脳出血の症状は結構ぎりぎりの状態だったようですけれど。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA