川村ひかるはできちゃった結婚だった!?それが結婚の条件の可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

川村ひかるは2015年11月に一般男性と婚約し
2016年4月に結婚をしました。

そして実は2016年7月時点で妊娠6ヶ月という事が判明。
そうなると一般男性と結婚をした時には
既に妊娠していたということになります。

そうなるとつまりできちゃった結婚ということになりますが
川村ひかるの場合はこどもが出来るまでは結婚しない
決めていた可能性もあります。

今回はそのあたりのことについて見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■川村ひかるは妊娠出来るか不安を持っていた

実は川村ひかるは妊娠できるかに不安をもっていました。
これは、23歳ごろから川村ひかるは子宮内膜症を
患っていてピルを服用していました。

しかし妊娠をいつかはしたいということでピルの服用を中止。
そうすると子宮内膜症でホルモンバランスが崩れていたものを
ピルで安定させていたものですから

ピルの服用を中止したために再度
ホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になり
結果として若年性更年期障害を患ってしまいました

また、ピルは一ヶ月ごとのシートでわかれていますが
そのシートの途中でやめてしまうと
急激にホルモンバランスが崩れてしまいます。

もしかしたらシートの途中でやめてしまい、
その結果激しくホルモンバランスを崩してしまったのかもしれません。

そしてその頃に検査をした結果女性ホルモンの一種、
エストラジオールの数値がほぼ無く
妊娠が難しいと言われていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■上記結果を受けては妊活をしていた

川村ひかるは妊娠が難しいという検査結果を受け
ショックを受けたものの、同じように
悩んでる人もいるだろうと思いブログで報告。

そして妊娠できる体になるように妊活をはじめました。
不妊治療セミナーや乱視凍結セミナーなどに
パートナーが見つかる前から向かい

日々の生活習慣も全面的に見なおして
睡眠を今までより多く摂る、
お酒を控える、自炊してバランスの良い食事を取る
夜にはスマホやPCを見ずにリラックスする

家の電気をダウンライトにして
冷たい飲み物は控えて体を冷やさないなどの
『(A)当たり前のことを、(B)バカにせず、(C)ちゃんとする』
という、ABC妊活をました。

■結婚は子どもが出来たからか

川村ひかるは以上のように、妊活に
とても力を入れています。
そうなると妊娠してから結婚というのも
普通のできちゃった結婚とは違う意味を持ちますよね。

それなら結婚の時に報告すれば
良かったじゃないか、という意見もありますが
結婚した時には川村ひかるが妊娠していたのは一卵性の双子

しかし一人の子は心音が確認できず育たなかったそうで
もう一人の子もきちんと育ってくれるか心配だった時期でした。

そのようなことで慎重になり、
すぐに妊娠を報告、とはいかなかったようです。

■おわりに

川村ひかるが妊活に本機を入れて活動していたことを知ると
できちゃった結婚という言葉はなんか合わない気がします。
こういう場合に限っては
授かり婚という単語がいい気がするなぁ。

ここまで妊活に力を入れてるとなると
旦那と交際しているときに
川村ひかるが結婚するのは妊娠したら、と言ってても
おかしくはないですし。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA