はんにゃ川島のがんは嫁に支えられ完治!子供のエピソードも衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2009年に大ブレークした、はんにゃ川島
そんなはんにゃ川島は嫁の菜月さんと結婚を決めたときに
がんであることが発覚しています。

今回ははんにゃ川島のがんと嫁についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■はんにゃ川島と嫁とがん

はんにゃ川島は2014年11月に
当時彼女であり現在の嫁、菜月さんに
プロポーズをしようと2人で温泉旅館に行っていました。

そこで嫁の菜月さんが温泉に入っていて
帰ってきたらプロポーズをしようとしていたら
健康診断を受けた病院から電話が鳴り
そこではんにゃ川島は腎臓がんの疑いが強いと言われました。

はんにゃ川島はメタボを気にしており
結婚する前に軽い気持ちで
健康状態をチェックしようとしただけで

まさかはんにゃ川島は自分ががんだとは
全く思っていませんでした。

そうして結局はんにゃ川島は
プロポーズより先に菜月さんに
自分ががんであることを告白。

そうすると菜月さんは自分が妊娠三ヶ月であるものの
一緒に治療頑張ろうと言ってくれて
はんにゃ川島はそこで気を持ち直しプロポーズもしました。

菜月さんは泣き出しましたが
「なんか、想像と違う」という言葉が出てきたという。
そりゃはんにゃ川島ががんということと
プロポーズというのはなんというか振れ幅が大きすぎますよね。
 

【スポンサーリンク】

 

■嫁の菜月さんと子供

そうして2015年のはじめに
はんにゃ川島は10日間ほど入院をして手術をします。
退院後はすぐに舞台やテレビの仕事を再開できて
そこまで大事には至りませんでした。

そうしてはんにゃ川島の手術からおよそ半年後
嫁の菜月さんは自宅で産気づいてしまい
119番通報をしたもののすでに赤ちゃんの頭が出ており
間に合わずトイレで出産をします。

そうして数分後に救急隊員が着いた頃に
へその緒を切り子供を無事にはんにゃ川島が抱くことが出来ました。

■おわりに

はんにゃ川島ががんであったことを
打ち明けたのは2016年4月。
2016年1月の再検査でもがんが再発していないため
2016年4月17日に晴れて挙式をしています。

はんにゃ川島はがんで大変悩んでいましたが
当時嫁の菜月さんが言った
「赤ちゃんががんをみつけてくれたんだよ」という言葉に
とても気持ちが楽になったと言っていますし

そういう言葉が普通に出てくる
はんにゃ川島の嫁さんは本当にすごいと思います。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA