岸田健作は現在バンド活動!過去には頚部捻挫で休養や意識不明にも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元いいとも青年隊の岸田健作
現在はソロプロジェクトであるAsh Berryの
ボーカルとして活動をしています。

実は過去には重度の頚部捻挫などで休養をしていたり
ライブ後に倒れて意識不明になったことなどが…。

今回はそんな岸田健作の現在についてと
過去の頚部捻挫や意識不明になった経緯について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■岸田健作について

名前:岸田健作(きしだ けんさく)
生年月日:1978年11月8日
出身:東京都足立区

岸田健作は1997年3月に
「笑っていいとも」の10代目いいとも青年隊として
2000年3月まで3年間活動をしていました。

そしておバカキャラとして
多くのバラエティ番組に出演する一方で
テレビドラマなどにも出演をしていました。

■岸田健作はホームレス生活をしていた時期が

いいとも青年隊でおバカキャラとして
愛されていた岸田健作ですが

実は芸能界を引退した26歳の頃に
2ヶ月ほどホームレス生活を送っていました。

岸田健作曰く、自分はおバカキャラではなく
そのままの自分であったので
岸田健作本人が普通に言ったつもりでも
観客などが笑っており

笑わせてるのではなく
単純に笑われているということ、
そして自分に特別な芸が何も無いのではないかとして
恐怖感を覚えて芸能界に立っていて良いとは
思えなかったという。

そして代々木公園のストリートダンサーやミュージシャン、
芸人が将来を夢見て練習するエリアでホームレス生活をして
彼らを見て刺激を受けたかったようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■岸田健作の現在

ホームレス生活を経て
芸能界に復帰した岸田健作。

2009年からバンド「Atomic Seven」のボーカルとして活動をし
2011年1月からはヴィジュアル系ロックバンド
「Kensaku Kishida en V」を発足し、
後に「RoViN」と改名して活動。

2015年5月からはソロプロジェクト「Ash Berry」の
ボーカルとして現在活動をしています。

■岸田健作は過去に頚部捻挫や意識不明に…

そして2013年2月24日に首に異変を感じて
およそ一ヶ月ほど休養をしています。
このときは当初神経系の病気の疑いもありましたが

2013年2月27日には岸田健作の首の痛みは
披露とストレスが蓄積した結果の
重度の頚部捻挫だと診断をされました。

また、同じく2013年の9月13日には
池袋のライブハウスの公演終了後に
会場の外で倒れて意識不明の状態に陥っています。

もともとその当時は体調不良であり
病院で点滴治療を受けていたようです。
診断の結果は極度の疲労と脱水症状
そして栄養不足も伴っていたという。

■おわりに

こうみると岸田健作の現在は
ホームレス生活やライブ後に意識不明になるなど
かなりロックな生き様を見せています。

ホームレス生活を一時期していたため
その時に身体を壊してしまったのかもしれません。
紅鮭弁当に当たったとも語っていますし。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA