北川景子とDAIGOの子供はまだ先のよう。2019年に転居もあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年4月に北川景子とDAIGOが
盛大な披露宴をして、ただ派手なだけでもなく

一般の友人らへの配慮もきちんとあったりと
もともと好感度の高い2人でしたが
更に好感度が高まった印象。

そんな2人の子供がいつになるのかとても気になるところ。
今回は北川景子とDAIGOの
子供への考えについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■北川景子の子供への考え

2016年1月11日11時11分に結婚をして
2016年4月には盛大な披露宴が行われた
北川景子とDAIGO。

2016年1月に行われた結婚会見で
北川景子は以下のように答えています。

「具体的にはないんですけど、
お互いきょうだいがいる環境で育ってまいりましたので、
いた方が楽しいかなと思うんですが…。

年齢とか、タイミングとか、
いろんなことに任せてみようかと思います」

 

【スポンサーリンク】

 

■DAIGOの子供への考え方

前述の結婚会見で
DAIGOは子供については
以下のように答えています。

「1、2、3人ぐらい(ウィッシュポーズ)。
もちろん授かりものなので、どうなるかわからないですけどね」

こうみると北川景子もDAIGOも
積極的に子供を今すぐ作るという気はなさそう。
実際にDAIGOは2016年12月にも
子供について以下のように言及をしています。

「今はまだM・H・I。まだ2人でいたい」

北川景子とDAIGOはラブラブであり
2017年2月中旬から3月にかけて
北川景子がドラマの撮影のため
北海道に滞在をしている時には

DAIGOが全身黒ずくめ、顔にはマスクで
こっそりとロケの様子を見ている姿が目撃されています。
 

【スポンサーリンク】

 

■北川景子は披露宴の開催を悩んでいた

2016年4月14日に熊本地震があったため
北川景子は披露宴の開催を悩んでいました。
北川景子は自身のブログで
以下のように心境を吐露しています。

昨日、挙式・披露宴を行いました。
このような状況の中、執り行うことに前向きになれず
悩んだ時もありました。

葛藤の日々でしたが、一夜明け、
滞りなく済んだのだと少しずつ実感しています。

これは単に不謹慎だと思われるのではないか、という理由ではなく
もともと北川景子は7歳の時に
神戸で阪神大震災を経験しており

友人の半数近くをなくしてしまい、
自分は生き残ってしまった罪悪感(サバイバーズ・ギルト)を
背負っていたためです。

北川景子は「生かされた」からには
何か意味があるのではと元々思っていたため
自分が沢山の人を助けるため医者になろうとしていたものの
スランプに陥っていた時にスカウトをされ

神様からのアドバイスなのではないかと思い
そのスカウトにのり芸能界にはいった経緯があります。

そのような過去を持つ北川景子ですから
披露宴を開催するかどうかは
本当に大きな決断だったのでしょう。

■おわりに

北川景子とDAIGOは現在高階層にあり
東京オリンピック開催の前年である2019年に
どさくさに紛れて良い物件を見つけ
出来れば3階ぐらいに住みたいと語っています。

これは考えようによっては
子供がいますぐ生まれるということでは
ないということなのかもしれません。

さすがにもし現在子供を妊娠していたら
引っ越しは負担になりますしね。

ちなみに3階という低階層が良い理由は
地震の時に揺れるためと答えており
幼少期の地震が北川景子の人生に
大きな影響を与えてる事が伺えます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA