喜多嶋舞の息子の本当の父は伏石泰宏の可能性も…現在はついに判決確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大沢樹生が喜多嶋舞とできちゃった結婚をし
息子を出産したものの
本当の父が別にいるとして騒動になっていた問題。

現在はついに東京家裁判決で
喜多嶋舞の息子が大沢樹生の実子でないことは確定しました。

今回は大沢樹生と喜多嶋舞の息子の騒動についてと
本当の父とされる伏石泰宏についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大沢樹生と喜多嶋舞の息子の騒動

1996年に大沢樹生と喜多嶋舞はできちゃった結婚をし
1997年に息子が生まれます。
2005年には大沢樹生と喜多嶋舞は離婚。

離婚時に親権は喜多嶋舞が持っていたものの
2007年に喜多嶋舞が一般男性とできちゃった再婚。
それ以降は大沢樹生が息子の親権を持ち育てており
2008年に大沢樹生も一般人女性と再婚。

2012年に大沢樹生の嫁は
受胎するもなくなってしまい
喜多嶋舞の息子も大きな病気を持ち生まれていたため

大沢樹生は自分の遺伝子に問題があると思い
追い詰められた結果、
息子とのDNA鑑定を思い立ちます。

2013年12月には大沢樹生が
息子の本当の父である確率は0%と判定。
親権は喜多嶋舞に移ったものの
喜多嶋舞の実母に親権が渡ります。

そうして2015年11月に家裁判決で
息子の出生時期、大沢樹生が本当の父ではないとする
DNA鑑定結果から実子ではないと判断。

2017年3月14日に
大沢樹生と息子は親子関係がないとする
東京家裁判決が確定しました。
 

【スポンサーリンク】

 

■喜多嶋舞の息子の本当の父とされる伏石泰宏

喜多嶋舞の息子の本当の父親が
大沢樹生でないことは確定しましたが
では一体誰が父親なのかというと
元ジュノンボーイの伏石泰宏の可能性が高いようです。

伏石泰宏と喜多嶋舞は
当時同じ事務所に所属して
マンションで半同棲生活。

1996年に伏石泰宏は
喜多嶋舞が妊娠したため
責任を取って結婚すると知人に語ったものの

喜多嶋舞は大沢樹生と結婚をしてしまい
喜多嶋舞は伏石泰宏の子どもだとは
認めなかったという。

そして本当の父親だとされる伏石泰宏は
2000年に芸能界を引退し、
2010年2月に逮捕されてからは消息不明となっています。

■おわりに

なんというか凄い話。
息子の本当の父親が誰であるかは
結局喜多嶋舞しかわからないんですよねえ。

伏石泰宏は当時自分の子どもだと言っているので
可能性は高そうですけれども。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA