田原俊彦の盟友、小林まさひろの大腸がんになったあとのブログと終活が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お笑いのザ・ハンダースの
元メンバーで田原俊彦の盟友である小林まさひろ

彼が大腸がんになった後、頻繁にブログを更新していました。
その内容が終活とも言えるとても引き込まれるものだったので
今回は小林まさひろのブログについて紹介したいと思います。


 

【スポンサーリンク】

 

■小林まさひろのブログについて

田原俊彦の盟友である小林まさひろの
ブログのタイトルはふぐ居酒屋 yokohama鶴見参虎(santora)
更新頻度がとても高く読み応えのあるブログです。

こちらはザ・ハンダースをやめたあと
結婚してふぐの調理師免許を取得
1985年から赤坂でふぐ料理の専門店「参虎」(さんとら)を開店。

そして25年続いたタイミングで鶴見にうつったため
上記のようなブログのタイトルになっています。
場所はこちら。小学校が近いですね。

ちなみに赤坂にあったときのふぐ料理専門店の参虎は
サンデー・ジャポン、ギャル曽根、EXILE、
ザ・ハンダースの元メンバー桜金造、格闘家の高田延彦など
いろいろな有名人が訪れています。
 

【スポンサーリンク】

 

■小林まさひろのブログのエピソード

小林まさひろは「ただいま放課後」という学園ドラマに
24歳の頃レギュラー出演していました。

水戸黄門の裏番組だったので
視聴率がなかなか取れなかったものの
九ヶ月の撮影中に今の奥さんと結婚もして

その嫁が作ってくれた愛妻弁当をマッチがふざけてたべたり。
そのうちに嫁がマッチ用の弁当もつくったりと
小林まさひろの青春時代がわかるエピソードもあります。

終活でホスピスのケア病棟に入る前に
見舞客のふりをして空き室から窓の風景をみていたら
看護師からしつこくどの患者の知り合いから聞かれ
あわや不審者として通報される寸前だったというエピソードも。

本当に読み応えのあるブログですので
是非見ていって欲しいです。
時間泥棒ですけど。

■おわりに

小林まさひろの息子、小林ひろきによると
唯一の楽しみがブログの更新だったとのこと。

抗癌剤治療をやめた時に
ブログの更新もやめようと思ったそうなんです。

しかし田原俊彦や友人、同級生に
ブログの更新を楽しみにしていると言われ
書くことをやめませんでした。

確かに引き込まれるものが有りますからね…。
やめてほしくはないよなぁ。

しかしこんなにブログに書くことがあるというのは凄い。
終活で太く濃い人生を送ってきたんだなというのが良くわかります。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA