小林尊は逮捕された過去が…しかし寛大な判決で罰金も課されなかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

伝説的なフードファイターである小林尊
プリンス、地上最強の胃袋など
多くの愛称を持っていますが実は過去にアメリカで逮捕されたことが…。

今回は小林尊についてと
何故逮捕されたのかについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小林尊について

名前:小林尊(こばやし たける)
生年月日:1978年3月15日
出身:長野県

小林尊は日本で「TVチャンピオン」
「フードバトルクラブ」などに出場して注目を浴び

アメリカ独立記念日の7月4日に
ニューヨークで開催されるホットドッグ早食い選手権に出場し
世界的にも有名になったフードファイター。

小林尊は大食いや早食いをスポーツに変えた人物であるとして
日本よりも海外でとても有名となっています。

現在はニューヨークでくらしているため
あまり日本には情報が入ってこない
というのも大きいかもしれません。

しかしホットドッグ69本、
タコス130個、ピザ62枚という
驚異的な世界記録を打ち上げており

小林尊はアメリカでは最も有名な日本人の
一人であるとされています。
 

【スポンサーリンク】

 

■小林尊の逮捕劇

小林尊が逮捕されたのは2010年のこと。
小林尊は2001年からアメリカの
大手ホットドッグチェーン、
ネイサンズが開催するネイサンズ国際ホットドッグ早食い大会で優勝。

そうして優勝して2001年から2006年まで6連覇。
2007年から2009年までは2位と驚異的な成績でした。

そして2010年に大会に出場しようとしたところ、
契約書にサインをする必要がありました。

しかしその契約書は、小林尊に対して
400万円を払うから1年間は許可なく他の大会に出場してはいけない。
許可なくメディアの前でパフォーマンスをしてはいけない。
ジャッジやタイムキーパーとして関わることもできないなど

早食い、大食いという類まれな小林尊の能力に対して
アメリカ国家が労働を許可したビザを持つ小林尊にとっては
何も出来ないに等しい契約内容でした。

この契約内容は小林尊個人に対してだけで
他の参加者には他の契約内容があったそうで
小林尊は契約書にサインをせず参加をあきらめます。

しかし小林尊は大会を現場で観戦。
大会終了後にステージに上がろうとした所を警備員に拘束され
素直に従わなかったために逮捕をされてしまいました。

■おわりに

小林尊は逮捕をされてしまったものの
保護観察処分となり、罰金も課されず
犯罪記録も残らない寛大判決となっています。

そして逮捕された翌年の2011年には
ホットドッグ早食いコンテストには出場できなかったものの
大会テレビ中継を競争相手として早食いに挑戦。

優勝者は10分間に62個だったのに対して
小林尊は69個完食し、正式に世界記録として認定されました。

独占契約をするのならもうちょっと
条件を良くしないと大会側にとっても
損だった気がとてもします。

ちなみに小林尊はつい最近、新たなギネス世界記録
「3分間で世界一ハンバーガーを食べる男」として認定されました。

3分で12個、1個には15秒しかかけていない計算となります。
小林尊は自分では肉体的には全盛期は過ぎていて
食べるスピードも落ちていると言っていますが
それでこの速さは凄い…。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA