子守康範が不倫をフライング謝罪!198cmの高身長フリーアナ経歴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本一背が高いアナウンサーと呼ばれていた
フリーアナウンサーの子守康範がなんと
不倫をフライング謝罪しました。

2016年6月23日に発売される週刊新潮に
不倫しているという記事が掲載されるそうです。
今回はそんな子守康範の経歴について見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■子守康範の経歴

名前:子守康範
生年月日:1961年5月9日
職業:フリーアナウンサー・社長

1985年:毎日放送入社。
1990年:湾岸戦争の取材で中東へ滞在
1999年:毎日放送退社し、映像制作会社「アンテリジャン」設立。
2008年:会社業に専念していたがフリーアナウンサーも本格復帰

毎日放送に入社した当時の身長が197cmと
かなりの長身だったために
日本一背が高いアナウンサーと呼ばれていました。
ちなみに今は198cmと伸びています。
 

【スポンサーリンク】

 

■子守康範の会社について

会社を作り社長になったきっかけは
祖父が通販会社を創業していて
独立し、企業を勧めていたこと。

会社の方は設立当初の1999年は大阪市城東区の
倉庫の二階でしたが二年後の2001年には
大阪市北区中崎町のマンションに移転。

2004年には大阪駅前第3ビルに移転。
2011年にはメモリースタジオア開設と
社長としても手堅く着実に拠点を大きくしています。

そして独立創業のお祝いで
『あなたに ありがとう』という歌をプレゼントされ
子守康範はCDデビューもじつはしていたりします。

■おわりに

しかし不倫が公になる前に謝罪というのも潔い。
こういう対応って後手になるほどイメージ悪くなりますしね。

でもちょっと気になるのが
こういう、不倫したという記事が雑誌に載るっていうのは
どこから情報得ているんだろう。

週刊新潮側から
おたくのスキャンダル載せたから!って連絡来るのかな。
発売日前より早くどうやって情報を知り得たのか

スキャンダルでもきちんと事務所なりに
報告しないといけないルールがあるのか
それとも単に直撃取材受けて
いつ発売の記事にのせる、って言ったのかな。

普通に考えると後者なのかなぁ…。
しかしそうなると逆に本人に直撃取材されない記事だった場合は
話題になってから本人が知る
っていうのも十分にあるというわけなんだろうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ものみんた より:

    女性側が新潮にネタを売り込んだから三枝と同じパターンやな。
    三枝は売れなくなった演歌歌手が有名人を利用した宣伝作戦だが、この場合は子守を業界から滅亡させる作戦なのかどうなのかわからん。

  2. より:

    女性側から売り込んだのではなさそう。東スポに事実が出てた。子守は自分の身を守るために自分の都合の良い数社をMBS本館に呼びつけ一般女性のせいにするような記事を書かせたらしい。今年になってからも子守から誘ってるメールがたくさん残ってるって東スポに書いてるよ。喋りが仕事の子守なら嘘つくなんて日常茶飯事やからな。

コメントを残す

*

CAPTCHA