工藤阿須加の父、工藤公康のエピソードが凄い。妹・工藤遥加はプロゴルファー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在俳優として活躍の機会を増やしている工藤阿須加
父親は元プロ野球選手の工藤公康で
現在はソフトバンクホークスの監督を務めており
2世俳優というくくりにはなっています。

もともと工藤阿須加もテニスでプロを目指していたほどの腕前で
妹の工藤遥加もプロゴルファーとして活躍をしており
スポーツの才能のある家系のよう。

今回はそんな工藤阿須加についてと
妹について、そして父とのエピソードについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■工藤阿須加について

名前:工藤阿須加(くどう あすか)
生年月日:1991年8月1日
出身:埼玉県

工藤阿須加は学生時代にテニスをしていて
高校時代には県大会で優勝経験もあり
プロを目指していたこともあるほどの実力。

2015年4月にはバラエティ番組「炎の体育会TV3時間SP」で
錦織圭と「30-0」から
スタートするというハンデ戦であったものの
工藤阿須加が錦織圭を破っています。

2012年のドラマ「理想の息子」でデビューをし
2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で
主人公の弟役として出演。

2014年のドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」で
脚光を浴びて多くのドラマや
映画などに出演をしています。

■工藤阿須加の妹について

名前:工藤遥加(くどう はるか)
生年月日:1992年11月18日
出身:埼玉県

工藤阿須加の妹、工藤遥加は
12歳でゴルフを始め、2010年には
ゴルフ女子の千葉県代表になり団体戦で4位に。

2011年7月のプロテストで合格をして
現在はプロゴルファーとしてかる役をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■工藤阿須加ら子どもたちと父のエピソード

工藤公康には子供が2男3女の合計5人。
工藤阿須加ら子供達にとって
父は絶対的な星一徹のような存在であったと語っています。

食卓では父が金目鯛、
母と子供が煮干しやししゃもで
父が良いものを食べるのは当然という家庭。

また、父を中心に動いており
父親が現役時代には負けが続くと
調子を取り戻すために家族で引っ越しを繰り返していたという。

母親が方角とかを気にするために
引っ越しの回数は15回程度。

また、父親が現役自体には
5人兄妹の間では父が登板した試合で負けると

兄妹会議をして、工藤阿須加が中心となり
次のローテーションに気持ちよく臨めるように

ご飯ができるまでテレビを一緒に見たり
お茶を届けたりと役割を分担していたという。
ちなみに負けた日でも父の期限が悪いことはなかったとのこと。

子どもたちの気遣いを
父である工藤公康はきちんとわかっていたのかもしれません。

■おわりに

工藤阿須加は2017年5月27日から公開の映画
「ちょっと今から仕事やめてくる」で
ノルマとパワハラによって心身共に疲弊した役を演じています。

その疲弊っぷりを社会学者の
古市憲寿がとても絶賛していて
最近はもう2世俳優といえども実力がないと
生き残れない時代なんだなぁと実感。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA