黒田俊介は病気で激ヤセという噂の真相…豊中市住まいの可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コブクロの大きくてサングラスを
かけているほうとよく言われる黒田俊介
三人目のお子さんとして三男が生まれました。

これで三人目のお子さんと
なりますが全員男の子。
賑やかな日常になりそうですね!

今回はそんなコブクロの黒田俊介が
病気で激ヤセしたという噂についての真相と
豊中市住まいである、
ということについて見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■黒田俊介が病気という噂の真相

コブクロは2011年の夏~2012年春まで
一時的に活動を休止していました。

その時の原因は黒田俊介の相方である
小渕健太郎の喉の病気、ジストニア。
デュオですし高音が出づらい病気になったら
確かに休止せざるを得ません。

しかしその時に黒田俊介も実は病気に苦しんでいました。
それは腰痛の悪化
いや、腰痛って言うとお年寄りに多いイメージですが

黒田俊介は身長193cm。
つまりとても大きいのです。

そうなるとどうなるかというと
日本での平均身長は成人男性は170ぐらいで
成人女性は158ぐらいです。

そうすると単純計算ですが日本人はだいたい
165cmぐらいが平均身長となりますね

そうして日常生活においては
最大多数の身長に合わせて
規格が作られるわけです。

193cmの黒田俊介にとっては日本の規格は小さくて
電車のドアにも頭をぶつけますし
机の高さやもちょっと合わない。

頭を何かにぶつけるのなら常に体を丸めればいい。
机の高さが合わないのなら
自分で体を丸めて調節しなければならない。

そんな事が起きてしまい、長身の方は姿勢が悪くなりがちです
そうして姿勢が悪くなると腰に負担がかかります。
なので持病として腰痛に苦しんでいたわけですね。
 

【スポンサーリンク】

 

■黒田俊介の激ヤセの理由

そして黒田俊介はコブクロとしての活動を
一時休止するときに激ヤセしていました。

これが病気ではないか?と噂されている理由なのですが
実はなんのこともなく、
音楽を突き詰めるために体重を極限まで落とした、とのこと。

休止のタイミングと
相方の小渕健太郎の喉の病気でタイミングがとても悪く重なり
実は黒田俊介が病気で休止なのではないか?という
噂が流れてしまったんですね。

結論としては黒田俊介は持病で腰痛持ちだったが
激ヤセとはなんら関係なく、激ヤセは
音楽を追求するため、ということになります。

■黒田俊介は豊中市住まいの可能性も

黒田俊介は大阪体育大学浪商高等学校を
卒業していることからも分かる通り出身は大阪。
実は豊中にある島田製麺食堂
黒田俊介が来店しサインがおいてあったり

イオン豊中緑丘店で黒田俊介が乳母車を押して歩いていたりと
目撃情報がかなり多い。

ラーメン屋はふらっと行ってみたという
可能性もありますが
さすがに乳母車を押しているのは
実家か現住所がある、と考えるのが妥当な気はします。

拠点を簡単に変えることのできる財力はありそうですが
専門学校時代の同級生と結婚し
子供も今3人いるわけですし
そんなに拠点を変えないとは思うんですよね。

■おわりに

黒田俊介自身も三人兄弟。
そして子供が三人うまれ、
黒田俊介も三兄弟の親となりました。

ミュージシャンですし子供の名前がどうなっているのかが
少しだけ気になりますね。

次男の誕生の際には子供は希望の光と言っていますし
名付けには黒田俊介も関わっていそうですし
ミュージシャンの感性を発揮した名前なのでしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA