前田健が心肺停止…持病が原因か!?持病がヤバイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松浦亜弥のモノマネや人気アニメの
プリキュアの振り付けなど
多彩な才能で知られる
マエケンこと前田健が心肺停止…。

一体前田健の身に何がおこったのか。
実は前田健には持病があります。

その持病と今回の心肺停止は関係があるのか。
それについて今回は見てみましょう。

■前田健の持病について

前田健には持病としてB型肝炎があります。
B型肝炎とは血液を介して感染します。
症状としては全身の倦怠感、食欲不振、吐き気や発熱など。

また、不整脈を患っており
心臓がもともと弱いそうです。
アルコールも店ではあまり飲まず
体調には人一倍気を遣っていたそう。

■前田健が倒れた原因について推測

前田健は新宿三丁目のイタリアレストランで
「海の幸とトマトソースパスタ」を食べ
その30分ぐらい後に吐いて倒れました。

実は前田健は5月6日に放送する
ロンドンハーツの「おネエのスポーツテスト」を
前田健が倒れた4月24日に収録しています。

つまり、前田健は持病があり心臓が弱いところに
激しい運動をして、その上でボリュームいっぱいの
食事を摂ってしまったことになります。

普段運動していない人が急に運動し過ぎると
やはり体にかかる負担は凄まじい物になりますね…。

そうなるともともと弱かった
心臓に負担をかけすぎた結果
心肺停止ということになるのではないでしょうか。

■心筋梗塞の可能性も有り

しかし嘔吐をして意識を失ったというところから
心筋梗塞の可能性もあります。

心臓の下壁の心筋梗塞がおきてしまうと
迷走神経が刺激を受けてしまいます。
迷走神経が刺激を受けると吐き気や嘔吐の症状が現れます。

そうなると嘔吐したところから
心筋梗塞の可能性も十分に…。

■おわりに

前田健をAEDで応急処置した
パチンコ店の副店長によると
脈はかすかですがあったそうです。

その後にすぐに緊急搬送され
処置が早いのでなんとか無事に
元気な姿を見せて欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA