マイコが妻夫木聡と結婚!母親のハードルをついに乗り越えたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優のマイコが妻夫木聡と結婚!
交際期間は長かったものの
母親の関係など様々な事情で結婚が遅れていました。

今回はその結婚が遅れていた理由について見てみましょう


 

【スポンサーリンク】

 

■マイコについて

芸名:マイコ
本名:篠田舞子(しのだ まいこ)
別名:スコーリック・マイコ
生年月日:1985年3月15日
出身:アメリカ・シアトル

マイコは見て分かる通り名前が多くあります。
これはマイコの父親はアメリカ人で
そして母親が日本人でマイコがハーフ、
もしくはダブルであるためです。

今は女優と活動していますが
その前は168cmの長身を活かしてモデルとして
活動している美女。

元々はスコーリックマイコを使っていたものの
芸能活動以降は篠田舞子が本名になったようです。

■マイコと妻夫木聡の馴れ初め

2014年8月にマイコと妻夫木聡の熱愛が発覚。
しかし交際自体は2012年の夏に共演したドラマの
『東野圭吾ミステリーズ・シャレードがいっぱい』の
打ち上げがきっかけ。

2015年1月には妻夫木聡は
マイコとの熱愛に聞かれると
幸せです、と笑顔で即答。

そして2015年6月にはマイコは
もう妻夫木聡から指輪をもらっていて
その直後には妻夫木聡の母親とマイコは食事会をし

その際にマイコはお義母さんと妻夫木聡の母親を呼ぶほど
結婚秒読みとされていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■しかしマイコの母親が妻夫木聡には…?

ところがマイコと妻夫木聡は
すぐには結婚しなかったのは御存知の通り。

それは何故だったかというと
妻夫木聡が2015年10月ごろに
メンズエステで過度なサービスを
受けようとしたという報道。
これは事務所は否定していますね。

しかしそのことが事実であれどうであれ
マイコの母親はかなり厳しい。

マイコを聖心インターナショナルスクールに通わせ
クラシックバレエを習わせるなど
母親はマイコをまさに箱入り娘として育ててきたわけです。

マイコの母親は妻夫木聡と
マイコとの結婚に実は乗り気ではなかったのです。

なぜならマイコの母親にとって
妻夫木聡は知名度ではマイコに優っていますが
学歴と収入面が不満という。

上流階級ですと結婚は
なおさら当人だけの問題ではないとは言いますが
妻夫木聡の収入でダメって
世の男性はほとんどダメな気がします。

■おわりに

そのようにマイコの母親からは
妻夫木聡は気に入られてなかったようですが

結婚に向けて妻夫木聡の
ファンクラブも閉鎖もしましたし

なんとか母親に誠意を見せて
やっとマイコと結婚ができた、
ということなのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA