松村雄基と氷川きよしはフライデーされていた…結婚しない理由はそのためか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

松村雄基と氷川きよしの二人は
昔から関係性が疑われており
2010年にフライデーされ、2014年には
週刊文春にも2人の密会が確認されていました。

そのため松村雄基が結婚をしていないのは
氷川きよしとの関係があるからなのでは、と言われています。

今回はそんな松村雄基と氷川きよしの
フライデーされた関係についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■松村雄基について

名前:松村雄基(まつむら ゆうき)
生年月日:1963年11月7日
出身:東京都文京区

松村雄基は高校在学時に1980年の
テレビ朝日のドラマ「生徒諸君」でデビュー。
また、1981年にはレコードデビューをしています。

1980年台には大映ドラマの
俳優として活躍をして
剣舞家・書家としても活動。

特に書は元日本書道アカデミー会長の
五月女玉環に弟子入りをしており
内閣総理大臣賞を受賞するほどの腕前。
 

【スポンサーリンク】

 

■松村雄基と氷川きよしのフライデー

松村雄基と氷川きよしは
2010年にフライデーにより

風間トオルのバースデーパーティで知り合い
氷川きよしの自宅で宿泊をしていたことが
記事にて発表されました。

その時に松村雄基が肉体美を披露するなど
なかなか凄い行動をしていたという
当時フライデーされた直後に
松村雄基と氷川きよしは破局したとされています。

しかし2014年に氷川きよしと
元マネージャーにトラブルがあったと報じられ
週刊文春がその件について取材をしている過程で

2014年4月19日には松村雄基と氷川きよしが
逗子の別荘で密会している様子が確認されています。

松村雄基の事務所は
氷川きよしと宿泊の事実は認めたものの
友人の一人であるとしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■松村雄基が結婚しないのは…

松村雄基とは氷川きよしと
フライデーされたことがあるために
結婚しないのは性的少数者であるからでは、と
言う説がとても有力です。

しかし実は松村雄基はデビュー翌年の18歳の時に
生まれたときから二人暮らしであった
祖母が倒れてしまい
20年間ほど介護生活をしています。

介護を始めて8年後には
さすがに松村雄基一人では介護できなくなり
伯母家族と同居を開始し、その2年後には
限界を感じて特別養護老人ホームへ。

そして特別養護老人ホームで10年間過ごし
88歳でなくなったという。

松村雄基は28歳の頃まで在宅介護をしているわけですし
結婚しないのは祖母のことが
念頭にあったためなのかもしれません。

■おわりに

松村雄基とは氷川きよしは
2010年にフライデーされ
2014年に週刊文春に再度密会を確認されています。

一度そういう疑惑が出てしまうと
2人で泊まっただけでも
疑われてしまうので大変ですよね…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA