黛ジュンは先輩歌手とのトラブルで一時は引退危機も…今は活動再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

幼い頃からプロ歌手として活動し女優でもある黛ジュン
実は一時期は先輩歌手とのトラブルも一因となり
一時は引退危機に陥ったことも…。

今回はそんな黛ジュンについてと
先輩歌手とのトラブルは
いったいどのような影響を
与えたのかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■黛ジュンについて

名前:黛ジュン(まゆずみ ジュン)
生年月日:1948年5月26日
出身:東京都調布市

黛ジュンは各地の米軍キャンプを
ジャズ歌手として巡業。

1964年に「恋のハレルヤ」でデビューをし
注目を集め、1968年に「天使の誘惑」が大ヒット。

第10回日本レコード大賞にも輝き
同曲を映画化したものでも主演をし
女優としても活躍。

プライベートでは1970年に
ミュージシャンの江藤勲と
結婚するも1973年に離婚。

ドラマーである石田秀雄とも結婚をするものの
1994年に離婚をしてしまいます。

また、2001年には作詞家である
里村龍一と婚約をしますが

里村龍一が神様とまであがめている
いたこに相談した所、相性が最悪と言われたため
それが理由で婚約破棄に至ってしまいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■黛ジュンは先輩歌手とのトラブルで引退危機に…

黛ジュンは2006年から2011年にかけて
喉のアレルギーではあるものの原因が不明で慢性的に
声をだすのが辛くなってしまい
歌手として思うように歌えないことに苦しんでいました。

特に2010年には尊敬する先輩歌手とトラブルがあり
黛ジュンが全面的に悪かったものの
ストレスからびらん性の胃炎になり、
毎日泣くほど落ち込んでいたという。

実は2003年に母親、2005年には長兄
2009年には次兄であり
作曲家の三木たかしを相次いでなくしており
精神的に不安定だったことも
影響をしていたのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■黛ジュンの今

前述のように先輩歌手とのトラブルや
原因不明の喉のアレルギーで
一時は引退を決意した黛ジュンですが

水前寺清子に耳鼻科を紹介してもらい
抗生物質を処方してもらった所
なんと二週間で解決をしたという。
セカンドオピニオンは大切だということでしょうか。

そして2012年には黛ジュンは
喉の病気も治ったために今では
音楽活動を本格的に再開しています。

■おわりに

しかし黛ジュンほどの人物を
厳しく叱責できる先輩歌手とは一体…。

トラブルについても黛ジュンが
全面的に悪いとしていますので
詳細についてはお互いあまり話したくないのかもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA