観月ありさの旦那の会社と年収が凄く母の動きに心配の声も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子役として4歳の頃から活動をしていた観月ありさ
つい最近旦那の青山光司と結婚しましたが
母親は逮捕歴もあり破天荒なキャラクター。

旦那の会社や仕事はとても立派で
年収もかなりあると見られており

母親の動きに心配の声が上がっています。
今回は観月ありさの旦那と母親についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■観月ありさの旦那について

名前:青山光司(あおやま こうじ)
生年月日:1972年7月13日
出身:岐阜県

観月ありさの旦那、青山光司は
建設関連会社であるKRH株式会社の
代表取締役をしており会社の年商は150億円。
旦那の青山光司の年収は数億円とされています。

高級外車、特にフェラーリを何台も所有しているため
その容貌も相まってフェラーリ王子とまで呼ばれています。

また、2011年4月に上原さくらと結婚し
2013年4月に慰謝料無しで離婚が成立しています。

上原さくらは青山光司に
精神的に追い詰められていたと主張したため
当初は慰謝料ありと見られていましたが

離婚協議中に上原さくらが
不倫相手とホテルにはいるのが目撃されたことなどで
慰謝料ゼロで離婚が成立しました。

そして青山光司の会社、「KRH」は
2011年10月に、2010年5月までの3年間に渡り
1億7000万円の所得隠しをしていたことを
名古屋国税局から指摘され
重加算税3000万円を修正申告しています。

そうして観月ありさと青山光司は
2015年3月21日に一年半の交際を経て
結婚という経緯となっています。
 

【スポンサーリンク】

 

■観月ありさの母親について

観月ありさの母親、宮川じゅんは
かなり濃いタイプ。日米ハーフの美人です。

観月ありさの母のキャラクターはとても破天荒であり
観月ありさがドラマ『ナースのお仕事』で人気になった時期に
同棲相手とともに薬の所持で逮捕されたことがあります。

観月ありさが幼いころに離婚しており
13歳年下の男と同棲をしていたときですね。

このときは逮捕されたものの
執行猶予付きの有罪判決であったため、

普通に生活をしており
バー『ミスティブルー』を開店していましたが
お客にかなり攻撃的な物言いをしていたという。

そして観月ありさが5歳の頃に母と再婚した
義理の父親、宮川邦雄は
観月ありさが節税のために設立した

個人事務所の取締役をしていたものの
経理をすべて任せられていたために使い込みをしてしまい
その上バカラ賭博開帳で逮捕されてしまいます。

その後離婚してはいますが
観月ありさは母と元義父に
翻弄されていたといっても過言ではありません。

■おわりに

観月ありさは実業家の旦那、
青山光司と結婚したために破天荒な母親も
何か口を出して来るのではないかと心配の声があります。

2016年11月には観月ありさは
総額16億円の新居を建てていることが判明したばかり。
もしかしたら母親との同居などもあるのかもしれませんね。

余談ですが観月ありさは家では
家事は一切せずにプロにまかしているようです。

観月ありさも旦那もお金を
普通の人より多く稼いでるわけですし
家事はプロに任せて自分の仕事に専念するというのは
合理的だよなぁと思いました。

そこまで稼げる人はあまり多くないため
世間一般の考えとは大分違うのも確かでしょうけれど。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA