三船美佳と高橋ジョージの離婚成立!モラハラの有無と有責について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三船美佳と高橋ジョージの離婚騒動に
ついに決着が付きました。

泥沼になるかと思いきや
最後は割りと円満離婚のようで安心。

三船美佳と高橋ジョージといえば昔は
おしどり夫婦というイメージだったんですが
離婚騒動でモラハラ夫とそれに耐える妻。
そんなイメージになってしまいましたよね。

では今回はそんな三船美佳と高橋ジョージの二人の
離婚原因は本当にモラハラだったのか。
高橋ジョージが有責だったのか。
そこについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■離婚の話がでた経緯

■2013年12月末から別居。
■2015年1月16日に三船美佳が離婚訴訟中であることを明かす。
■2015年1月18日に高橋ジョージのモラハラが原因と報道。

モラハラは言葉によるもので
「外出禁止令」「人格否定発言」をしていたとされますが
高橋ジョージは否定。

当時から三船美佳さんは
慰謝料はいらない、と発言をしていました。

■モラハラは実際にあった?

離婚理由としてモラハラを
三船美佳さんはあげていますが
そこがちょっとうーん?と唸ってしまいます。

裁判で三船美佳さんは
モラハラの証拠として
「モラル・ハラスメント」のすべて 夫の支配から逃れるための実践ガイド (こころライブラリー)
カウンセラーが語るモラルハラスメント―人生を自分の手に取りもどすためにできること

こちらの本を2点提出したそうです。
上記二冊の本で自分が受けたのと同じような事例が
書いてある場所に付箋を貼って参考資料として提出した、とのこと。

なんですかそれ。
なんというか、日記や録音があれば証拠となる気がしますけど
そんな本でこのケースと同じようなことがありました!と言われても
なんかモヤッとします。

友人が語ったとされる外出禁止令、人格否定発言があるなら
それを録音していけば一発で離婚できたんじゃ、と。

市販の本を購入して似たようなケースって出すより
録音したほうが確実だし早いですよね?
なんだかそれを考えると
実際にモラハラあったのかなぁという疑問が。
 

【スポンサーリンク】

 

■高橋ジョージが有責?

結局のところ三船美佳と高橋ジョージの
協議離婚の同意が成立しました。

高橋ジョージが離婚・親権は母親という
条件を飲んだわけですね。
慰謝料はなしですが、これはもともと
欲しがっていなかったのでそのまま。

しかし高橋ジョージはマスコミ向けには
下記のように発言しています。

「これまで一部報道にありました、
モラルハラスメント等の事実は一切無かったことを断言させて頂きます」

ここがちょっとやっぱりモヤッとします。
高橋ジョージはモラハラ否定してるけど
三船美佳さん側はモラハラのことに
ついては言及なしなんだよなぁ。

そうなるとモラハラは本当に無くて
何か別の理由があって離婚したがっていた…?
とかな気がしますね。

そう考えると高橋ジョージが有責とは
ちょっと考えづらい。

■まとめと感想

■離婚原因とされるモラハラは怪しい
■高橋ジョージが有責とは言い切れない

モラハラが原因なら慰謝料もらっていいと
個人的には思うんですよね。
そうした方が決別の意志も表せると思うんだけどなぁ。

なんだか慰謝料は払わなくていいから
黙って離婚してほしい、これ以上詮索しないで。
みたいな印象を受けてしまう。
これで手打ちにしましょう、的な。

思ったより情報がでなくて
なんだかスッキリしないなぁ。

実際にモラハラがあったなら
証拠なんて簡単に出せると思うんだよなぁ。
個人的には続報、というか詳細がかなり気になります。

離婚が成立したから
三船美佳さんか高橋ジョージのどちらかが
詳細を暴露とかしないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA