満島ひかりが石井裕也と離婚した経緯は…ワキ毛を映画で見せ話題になったが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

満島ひかりが石井裕也と離婚していたことを公言しました。
実は離婚自体は結構前に成立しており、発覚自体ももう少し前の出来事。

今回はワキ毛を映画で見せたことが
ある意味転機となった女優、満島ひかりと石井裕也の
離婚の経緯などについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■満島ひかりについて

名前:満島ひかり(みつしま ひかり)
生年月日:1985年11月30日
出身:沖縄県沖縄市

満島ひかりは7人組のユニット「Folder」にHIKARI名義で参加。
1997年にシングル「パラシューター」でデビューをしています。
映画『モスラ2 海底の大決戦』にも子役でデビュー。
2000年には5人組ユニット「Folder5」に改組。

その後「Folder5」が活動を休止し、
2003年に本名の満島ひかりで芸能活動を再会。
2009年に映画『愛のむきだし』でワキ毛を大胆に見せたり
演技が評価され注目を浴びます。

何故ワキ毛を見せるシーンが合ったかというと
女子に対する男のファンタジーを消したかった、
という理由があり、監督からワキ毛を生やすように支持されたという。

実際何もせずにキレイな人なんて殆どいませんしね。
みんな努力をしているわけですし。
ちなみに一ヶ月以上かけてワキ毛を伸ばしたとのことです。
 

【スポンサーリンク】

 

■満島ひかりと石井裕也の結婚

満島ひかりはワキ毛を見せた映画で
演技力や女優魂を評価され、多くの映画新人賞を受賞しています。

そして2010年に石井裕也監督の
映画『川の底からこんにちは』でも
ヨコハマ映画祭主演女優賞、
エランドール賞新人賞を受賞。

そして2010年10月25日に
満島ひかりと石井裕也は
1年ほどの交際期間を経て結婚をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■満島ひかりと石井裕也の離婚の経緯

満島ひかりは結婚して最初の頃は
石井裕也を才能のある映画監督として惚れ込んでいました。

2013年の映画、『舟を編む』で
日本アカデミー賞・最優秀監督賞を取るなど
石井裕也は才能を発揮しますが

実は原作モノの映画ではなく
石井裕也はオリジナルを撮りたいという思いが強い。
それなのに2014年の映画『バンクーバーの朝日』も
賞を取った『舟を編む』につづいて原作がある映画のオファー。

『舟を編む』は興行的に成功をしましたが
『バンクーバーの朝日』は残念ながら
あまり良い結果とはいえませんでした。

そのためそれ以降石井裕也は
何か嫌なことがあると「バンクーバーの呪いだな」と
愚痴るようになってしまったという。

それを満島ひかりはたしなめるので
口論が増えてしまったという経緯があります。

そうして満島ひかりと石井裕也は2016年1月に離婚。
2016年5月16日に離婚したことを事務所が発表しています。

また、2016年10月30日には
満島ひかり本人の口からバツイチになりました、と
離婚していたことを公言しています。

■おわりに

満島ひかりは離婚した後に
2016年5月ごろに俳優の永山絢斗と交際していることが
週刊誌により報じられています。

2人の交際については両事務所とも認めているために
結婚についても障壁はないと見られ、
十分ありえます。

できちゃった婚についても理解を示しており
近いうちにそういう報告があってもおかしくはないのかも…!?

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA