三ツ矢雄二がグレーゾーンをやめカミングアウト。グレーの理由は兄のためだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近はオネエ言葉でテレビにもよく出演する
声優の三ツ矢雄二が、グレーゾーンであることをやめ
ゲイであることをカミングアウトしました。

今回は三ツ矢雄二が性的嗜好を
グレーゾーンとしていた理由などについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■三ツ矢雄二について

名前:三ツ矢雄二(みつや ゆうじ)
生年月日:1954年10月18日
出身:愛知県豊橋市

三ツ矢雄二は中学入学と同時に巣山プロダクションに入所し
子役として活動を開始しています。

高校卒業後に専門学校に入学して上京。
大人の役者として活動をするもオーディションに受からず
この時期に人形劇「プルルくん」に出演し声優として活動開始。

1985年には「タッチ」の
上杉達也役として注目を集めます。
 

【スポンサーリンク】

 

■三ツ矢雄二が語るグレーゾーン

三ツ矢雄二は声優として
バラエティ番組の声優特集などで
タッチの上杉達也役の人物として呼ばれますが

三ツ矢雄二がオネエ言葉で登場したために
ゲイ疑惑などを触れられる度に「グレーゾーン!」と
言葉を発するというとても強いインパクトを発したために
バラエティ番組によく呼ばれるように。

■三ツ矢雄二がカミングアウトした理由

三ツ矢雄二がゲイであるとカミングアウトしたものの
正直殆どの人にとっては意外性はありませんでした。

では何故このタイミングでグレーゾーンではなく
カミングアウトをして白黒つけたのかというと兄が定年退職したため。

特に周りに隠してはいなかったものの
三ツ矢雄二がゲイであるとカミングアウトをすると
兄に迷惑がかかりそうだから
今まではグレーゾーンであると曖昧にしていたという。

■おわりに

実際カミングアウトをしていなくても
グレーゾーンと言われたら、
三ツ矢雄二はそうなんだな、とわかりますよね。

でも明言しているかどうかでは
色々と違いますしグレーゾーンにしていた理由が兄のためであり
カミングアウトしても三ツ矢雄二は普通に受け入れられています。

そうして役者などがゲイであったとしても
観ている側もその性的嗜好を連想してしまう恐れがあります。

なのでカミングアウトを必ずしもする必要はないと語るなど
いろんな方面に向けて配慮をしていますし
三ツ矢雄二は気遣いの人だなぁと思います。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA