三輪記子と旦那、樋口毅宏の出会いがツイッターという衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都在住の美人弁護士である三輪記子
実はできちゃった結婚を旦那の樋口毅宏としています。
そしてその出会いがツイッターと、なんとも衝撃的。

今回は三輪記子と旦那の樋口毅宏についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■三輪記子について

名前:三輪記子(みわ ふさこ)
生年月日:1976年10月24日
職業:弁護士

実は三輪記子はもともと
外交官になりたくて東大に入ったもののその夢は挫折。

くすぶっていた所、映画監督の林海象に
弁護士になるべきだと言われ、その言葉に動かされて
弁護士を目指します。

もともと弁護士になろうとしてたわけではないため
弁護士になろうと決心してから10年以上経って

ようやく弁護士になれたという、
挫折を知っている三輪記子だからこそ
相談者、依頼者の気持ちがわかる弁護士になっています。

そのような経緯で三輪記子は2010年に
弁護士登録をして光法律事務所に入所。

そしてその2年後である2012年には
三輪記子法律事務所を解説し
2013年には松竹芸能に所属をしており

タレントとしての活動もする
美人弁護士の三輪記子として活躍しています。


 

【スポンサーリンク】

 

■三輪記子と旦那、樋口毅宏

名前:樋口毅宏(ひぐち たけひろ)
生年月日:1971年6月15日
出身:東京都豊島区

2009年に『さらば雑司ヶ谷』で小説家デビューをし、
2011年には『民宿雪国』で第24回の山本周五郎候補と
第2回山田風太郎賞の候補になります。

しかし2016年9月には
「もう飽きたんだよ。作家なんて男子一生の仕事じゃねえんだよ」
と語り引退を示唆しました。

そのときにはプロレスラーはみんな太陽なんだ、
などプロレスの思いを熱く語っていて
ある日突然謎の覆面作家が現われるかもしれない
とまで言っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■三輪記子と旦那の樋口毅宏の馴れ初めはツイッター

美人弁護士の三輪記子と
旦那の樋口毅宏の馴れ初めはなんとツイッター。

一体どのようなことかというと、
三輪記子が樋口毅宏の書評を書いていたのを
樋口毅宏が発見。そして小説を送り交際が開始。

三輪記子は樋口毅宏に
お金もいらないし籍も入れなくていいから
樋口毅宏の子供がほしいと告白をしたという。

そのため2015年6月15日、
旦那の樋口毅宏の誕生日に一応はできちゃった結婚をしますが

元々籍を入れなくても良い、と三輪記子は言っていたので
結婚を結局したため、普通のできちゃった結婚とは
何か違う気がします。

■おわりに

三輪記子と旦那の樋口毅宏はネットで
出会って結婚したわけですけどそういうのも増えてきましたね。

しかし樋口毅宏は作家を引退して
本当にプロレスラーになるんだろうか。
冗談なのか本気なのかがいまいちわからない…!

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA