宮川一朗太と元嫁の離婚理由は馬…娘二人を育てるシングルファーザーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

俳優であり現在は元嫁と離婚をして
シングルファーザーとして2人の娘を育てている宮川一朗太

離婚理由については様々なものが
積もり積もった結果とはいえ
きっかけは馬だったという。

今回はそんな宮川一朗太と元嫁の離婚の理由についてと
シングルファーザーとなった事を
公開した理由などについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■宮川一朗太について

名前:宮川一朗太(みやかわ いちろうた)
生年月日:1966年3月25日
出身:東京都新宿区

宮川一朗太は1983年に
小説を原作としたドラマ「家族ゲーム」で
オーディションに合格をして主演デビューし
日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞しています。

そうしてドラマや映画、CMナレーションや
日本語吹き替えなど幅広い活躍をしています。

■宮川一朗太の元嫁との結婚と娘

宮川一朗太は1990年に
フリーライターである元嫁の
山田佳奈子と結婚して2人の娘が
できていることを明かしています。

■離婚と離婚理由

宮川一朗太と元嫁は2005年に離婚していたことを
2013年にテレビ番組情で告白しています。

もともと夫婦喧嘩が多く、
大喧嘩をして宮川一朗太が元嫁に「出て行け!」と
言ったところ嫁は本当に家出をします。それも2年間。

そうして突然電話をして
元嫁は家に戻ってきて2年間は夫婦関係が続いていましたが
最終的に夫婦関係の溝は埋まらずに
2005年6月13日に離婚に至ったという。

きっかけとなったのは
宮川一朗太が元嫁に内緒で
175万円を名馬・ネオユニヴァースに投資したこと。

最終的には宮川一朗太は
3000万円以上儲かったようですが
結果的には良かったものの
一存で大きなお金を動かすのはやはり難しい。

収入と支出のバランス的に
宮川一朗太らにとってはもしかしたら
小さい金額だったのかもしれませんけれど。
 

【スポンサーリンク】

 

■宮川一朗太はシングルファーザーへ

そうして2005年に離婚をした宮川一朗太ですが
娘2人が中学生で多感な時期であるため

離婚のことを言わないで欲しいと宮川一朗太に強く頼んだため
シングルファーザーとして活動し、
その事を公表していませんでした。

2013年に離婚のことを公開しますが
下の娘も短大を卒業して育児も卒業したので
離婚のことを公表したという経緯となっています。

■おわりに

今のご時世ですと宮川一朗太やココリコ田中のように
男親に親権が行くとなると
色々と想像されてしまう、というのもありますし

離婚のことをすぐに公表しなかったのは
良いことな気がします。

とはいえ色々あったものの
娘の誕生日には元嫁も含めて集まり、
お祝いをしたりと関係は断絶しているというわけではないようです。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA